「Android 5.0 Lollipop」の方が「iOS 8」よりもクラッシュ率が低いことが明らかに

Nexus 6 iphone 6 plus comparison
これまでは僕の体感としてAndroidの方が圧倒的にiOSよりも不安定だと思っていたが、最新のOS同士を比較した時に、その結果は逆転してしまったようだ!


Crittercismの調べによると、「Android 5.0 Lollipop」の方が「iOS 8」よりもクラッシュする確率が低いことが明らかになった!

クラッシュ率比較:Androidは2.0%、iOSは2.2%

「Android 5.0 Lollipop」と「iOS 8」のクラッシュ率の差が劇的なものかというと、そうではない。実際、その違いは微々たるもので、Androidのクラッシュ率は2.0%だったのに対し、iOSは2.2%だったそうだ。

iOS 8」の完成度の低さは度々指摘してきた。最近は大分安定してきたが、リリースされた当初は最悪だった。「iOS 7」よりも遥かに高いクラッシュ率を記録していたことも明らかになっている。


とは言え、2012年の情報によるとiOSアプリの方がAndroidアプリよりもクラッシュ率が高かったようだ。


個人的にはAndroidの方がアプリがクラッシュする確率は高かった印象だが、確かに「Nexus 6」は非常に安定している。予期しない理由で強制終了することも非常に少ない。

一方、「iPhone 6 Plus」はアプリがクラッシュすることは少ないにせよ、アプリが反応しなかったりと細い不具合は色々とあるのでこの結果にはそれほど意義はない。

iOS 9」では新機能の追加よりも安定化・最適化を重視すると伝えられているので、その意向が反映されることに期待したい。

(via phoneArena

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法