【レビュー】全て手作り!ICカードが収納可能な本革ケース「alto Metro for iPhone 6 Plus」がオトナすぎてオシャレ!

alto Metro for iPhone 6 Plus
iPhone 6 Plus」は「iPhone 6」と比べると、オシャレなケースが圧倒的に少ない。ただでさえバリエーションが少ないのにも関わらず、ある物といえば僕の嫌いな手帳型ケースがほとんど。


僕はデニム生地が大好きなので「iPhone 6 Plus」を買ってからは長らく「Simplismカードポケットファブリックケース」を使用。最近まで「iPhone 6 Plus」純正シリコンケースにSuicaを挟んで使用していたが、どうも物足りなくなってきた。僕はもっとオトナなiPhoneケースをしたい。数年で30代になる男らしい、オシャレなケースが欲しくなっていた。

そこで今回購入したのが「alto Metro for iPhone 6 Plus」。「iPhone 6」用は少し前から発売されていたが、「iPhone 6 Plus」用が発売されたのはつい最近のこと。

altoは2011年にスタートした、台湾を拠点とするシンプルで美しい本革アクセサリブランド。レザーの加工に植物由来の天然素材である植物タンニンを用いた「タンニンなめし」を採用しているため、有害な化学物質が含まれないことが特徴。1つ1つハンドメイドで仕上げられた、丁寧な作りをしたオトナなiPhoneケースなのだ。

作っている過程を紹介している動画があったので、時間がある人は是非どうぞ。



「alto Metro for iPhone 6 Plus」の魅力はその見た目だけではなく、機能性も兼ね揃えている。というのも、僕がiPhoneケースにおいて必要不可欠とするICカード用のポケットも用意されているのだ!素晴らしい!

購入してからすっかり気に入ってしまったので、紹介する!

「alto Metro for iPhone 6 Plus」の外観をチェック

まずは「alto Metro for iPhone 6 Plus」の外観から紹介。箱には「Genuine Leather(本革)」と「100% Handmade(100%手作り)」の記載が。使用されている革はイタリア製。熟練した職人が歴史のある加工技術を駆使して1つ1つを手作りした代物だ。
alto Metro for iPhone 6 Plus
僕が購入したのは「ブラック/ブラウン」モデル。ブラックをベースとしつつ、明るいブラウンが差し色になっているのが気に入ったので即決。
alto Metro for iPhone 6 Plus
ブラウンのところには「alto」の文字が刻印されている。
alto Metro for iPhone 6 Plus
ICカードを挟むことができるポケットも用意されている。僕のiPhoneケース選びには欠かせないポケットだ。
alto Metro for iPhone 6 Plus
横から。本革ケース自体、あまり使ったことがないのだが、手に取った瞬間思わず「おお!」と声が出るほど”良い感じ”なのだ。本革ケース、すごい持ち心地が良い。
alto Metro for iPhone 6 Plus
上から。大きく開いた作りになっている。
alto Metro for iPhone 6 Plus
電源・スリープ側。ボタンのある場所は基本的に大きく開いた作りになっている。
alto Metro for iPhone 6 Plus
下から見たところ。こちらも大きく開いた作りになっている。
alto Metro for iPhone 6 Plus
淵がガタガタしているのはなるべくiPhoneを覆うような作りにしたかったからだろうか。イヤフォンジャック用の穴の上はわずかに丸くくり抜かれている。
alto Metro for iPhone 6 Plus
これが「alto Metro for iPhone 6 Plus」の内側。
alto Metro for iPhone 6 Plus
Made in Taiwan」の記載と「イタリア製革」を意味する「CUOIO Italiano」が書かれている。
alto Metro for iPhone 6 Plus
カメラホールも十分空いている。
alto Metro for iPhone 6 Plus

「iPhone 6 Plus」に「alto Metro for iPhone 6 Plus」を取り付けてみた

手に持っただけで高級感が伝わるiPhoneケース「alto Metro for iPhone 6 Plus」。早速手元にある「iPhone 6 Plus」に取り付けてみることに!

ケースだけだと「淵がガタガタしている」という印象だったが、いざ付けてみると…美しい。
alto Metro for iPhone 6 Plus
付けた時に初めて気がついたが、淵の部分が使用されているブラックとブラウンどちらも楽しめるような2層構造になっている。これはとても綺麗だ。
alto Metro for iPhone 6 Plus
これが電源・スリープボタン側。押し難さなどは全くない。
alto Metro for iPhone 6 Plus
アップで。
alto Metro for iPhone 6 Plus
ケース上から。
alto Metro for iPhone 6 Plus
音量ボタン側。ケースはディスプレイの高さを上回るような作りにはなっていないため、「iPhone 6 Plus」を画面下向きで落とした場合は守られずに割れる可能性は高い。
alto Metro for iPhone 6 Plus
こちらもアップで。
alto Metro for iPhone 6 Plus
カメラホールも十分な広さ。突起しているレンズもしっかり守られる。
alto Metro for iPhone 6 Plus
「iPhone 6 Plus」に取り付けると自分の持っていた「iPhone 6 Plus」が一気にオシャレに。どう見てもオトナなケースだ。
alto Metro for iPhone 6 Plus

SuicaとICカード干渉防止シートを入れてみた

背面に用意されているICカード用ポケットにSuicaとICカード干渉防止シートを入れてみた。


ポケットは余裕があるため、入れた当初は抜けないか少し不安だったが、使っているうちにカードにフィットしたのか、ケースにフィットするように安定した。ただ、個人的にはポケットがもう少し固い方が良いような気がしている。
alto Metro for iPhone 6 Plus
ICカードがケースからはみ出ているのを嫌がる人もいる。僕もかつてはそうだったが、ハンドメイドな本革ケースにICカードがチラ見しているという、伝統とテクノロジーの融合が逆に良い。そのギャップが良いのだ。
alto Metro for iPhone 6 Plus
iPhoneの持ち方は人それぞれだと思うが、僕の持ち方ではカードが邪魔になることはなかった。ポケットから出した時にカードが抜けそうになった経験も今のところはない。
alto Metro for iPhone 6 Plus

オトナが買うべきオシャレな「iPhone 6 Plus」用ケース

alto Metro for iPhone 6 Plus」は、まさに僕がこれまで探してきた「iPhone 6 Plus」用ケースの決定版とも言えるかもしれない。オシャレで高級感があり、ICカードを入れられる、手帳型ではないiPhoneケース。僕が知るかぎり、この条件を満たすケースはなかった。

イタリア製本革を使用した完全手作りのケース。記事執筆時点(2014年12月28日 16時28分)では「通常6〜10日以内に発送します」とのこと。今から注文しても手元に届くのは年明けになってしまう可能性が高いが、新年早々にこのiPhoneケースが送られてきたら、それだけで良い1年のスタートを切れそうな雰囲気がある。

気になる人は下記からどうぞ!マックスむらいでお馴染みの「AppBank Store」でも取り扱いがあったので、気になる人はこちらからチェックしてみるべし!






「iPhone 6」ユーザーは「alto Metro for iPhone 6」をチェック!

今回紹介したのは「iPhone 6 Plus」用だが、既に「iPhone 6」用もあるので気になる人は以下からどうぞ!同じくMetroシリーズとなっているので、ICカードを入れるためのポケットも用意されている!




オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法