LINE、公式アカウントで広告の属性による絞り込みを可能に!セールスフォース社と提携

LINE Logo
LINEの公式アカウントを持っている企業に朗報!今後は狙いたいターゲットに広告を配信できるようになるようだ!


日本経済新聞によると、LINEはセールスフォース社と提携し、広告の属性による絞り込みを可能にする仕組みを提供すると報じている!

効果的な広告配信が可能に!公式アカウントと顧客管理システムを紐付け

各企業のLINE公式アカウントは平均360万人の登録があるようだが、これまでは登録者に対して一斉に送信することしかできず、効果的な広告配信をすることが難しかった。

セールスフォース社と提携したことにより、消費者の同意を得た上でLINE公式アカウントに登録しているユーザー情報と顧客管理システムを紐付け、性別や年齢など属性別に最適な広告を配信することが可能になるとのこと。企業が保有する購入履歴などの情報も活用することができ、ユーザー・企業双方にとってメリットとある取り組みになりそうだ。

LINEの公式アカウントは月額250万円。LINEの利用者は世界で4億5000万人以上と言われている。

(via 日本経済新聞

オススメ
LINE-Logo.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法