Amazon、「AmazonTube」の商標を出願ーーYouTubeに対抗か

Amazonが「AmazonTube」の商標を出願していたことが明らかになった。

どのようなサービスなのかは明らかになっていないが、申請内容には「一般的に感心のある様々なトピックについて、ダウンロード不可の予め録音されたオーディオ、ビジュアル、オーディオビジュアル作品をワイヤレスネットワーク経由で提供する」と説明されていることから、YouTubeに対抗するサービスであることは間違いななさそうだ。

「OpenTube」の商標も出願、水面下で動画プラットフォームを準備中華

TechCrunchによると、Amazonはさらに「OpenTube」の商標も出願しているとのこと。

今月上旬に、Google2018年1月1日をもって「Amazon Fire TV」および「Echo Show」(日本未発売)でYouTubeが再生できなくなることを発表した。「提供してくれないなら自分たちで作るわ!」というAmazonの姿勢が垣間見えるものの、いくらAmazonとは言え、YouTubeに肩を並べる動画プラットフォームは一朝一夕では作ることができない。

あくまでも商標を出願しことに過ぎないが、直近の動きを考えると、Amazonが水面下でYouTube対抗サービスの準備を進めていても不思議ではない。

(via The Verge

あわせて読みたい