Amazon、動画配信プラットフォーム「Amazonビデオダイレクト」を発表!YouTubeに対抗へ

Amazon Video Direct
動画クリエイターの皆さん、注目!収益の拡大を目指すのであれば、次に狙うべきプラットフォームはAmazonだ!

本日、Amazon動画配信プラットフォーム「Amazonビデオダイレクト」を発表した

端的に言うと「Amazon版YouTube」。同サービスを経由してアップロードした動画は「Amazonプライムビデオ」上に掲載され、プライム会員向けに公開される仕組みだ。

レンタル、購入、または無料で広告付きとして配信可能

「Amazonビデオダイレクト」が動画クリエイターにとって魅力的なプラットフォームになりうる1つの理由はそのマネタイズ手法の多さだ。「プライムビデオ」と同様にレンタルまたは購入することもできるが、広告付きで無料配信することも可能。YouTubeにレンタル・購入機能が追加された形となっている。

ただし、レンタル・購入の売上はAmazonと折半。無料配信の場合、再生1時間につき6セント(アメリカは15セント)となっている。

既に多数存在する「プライムビデオ」ユーザーにリーチすることができるのも強みの1つ。現在、アメリカ、ドイツ、オーストリア、イギリス、日本の5カ国でサービスが提供されているが、クリエイターは対象国も制限することができるそうだ。

デバイスを選ばず利用できるのも重要。スマートフォンタブレットはもちろんのこと、デスクトップコンピューターやゲームコンソール、「Fire TV」なども含まれる。YouTubeがリーチしづらいデバイスにも動画を届けることができるようになる。

「Amazonビデオダイレクト」はプライム会員であろうとなかろうと誰でも利用できる。「Amazonビデオ ダイレクトのスターになろう」と称してプライム会員特典タイトルのうち上位100タイトルに、Amazonよりひと月100万ドルが分け与えられるというボーナスを用意しているので、気になる人はチェックしてみるべし!


(via TechCrunch

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法