新しいiPhoneのCMが愉快 “If you don’t have an iPhone, well, you don’t have an iPhone”

新しいiPhoneのCMが公開された。今までは、「There’s an app for that」で締めるのがお決まりだったのだが、今回から「If you don’t have an iPhone, well, you don’t have an iPhone」に変わったようだ。

直訳すると、「iPhoneを持ってないなら、まあ、iPhoneを持ってないってことだ┐(´ε` )┌」になるのかな(顔文字もニュアンスを表す上で必要だと思ったので付けてみた)。

残念ながらこれらの動画は削除されてしまった模様。【2015年7月10日確認】

AppleのCMは、カメラのスペックやCPUのスペックがどれだけすごいか、などのような技術的な側面には一切注目せず、その端末を手にすると何が出来てどのようなサービスが利用出来るか、という実際に買ったときのイメージを想像しやすいCMになっているのが印象的である。

どうせスペックについて分かる人より分からない人の方が多いのだから、日本のクライアントもAppleのように誰にでも伝わりやすいCMを作ればいいのにね。

(via 9to5Mac

もっと読むAppleまとめ