米国内のApple Store、マスク着用を再度義務化

米国内のApple Store270店舗のうち、半数以上はマスクの着用が求められる

Kobby mendez VGYcVZguFzs unsplash

Appleは、新型コロナウイルスのワクチン接種の有無に関係なく、米国内のApple Storeへ入店する際にマスクの着用を再度義務化する方針を決定した。Bloombergによると、現地時間29日より有効化されるという。

Appleは今年6月に、マスク不要で米国内のApple Storeへ入店可能にしていた。米国内のApple Store270店舗のうち、半数以上はマスクの着用が求められる。店頭スタッフや従業員も対象だ。

米CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、ワクチン接種完了者に対する「脱マスク」から方針変更。インド型変異ウイルス「デルタ株」に感染するリスクを踏まえ、感染者が多い地域では、公共施設の屋内でマスクの着用を求めると発表した。

Appleは、従業員のワクチン接種は推奨しているが、義務付けはしていない。「かかりつけの医者と相談し、自分とあった選択肢をしてほしい」と案内。オフィス内ではマスクの着用を求めている。

Appleの従業員は9月以降、最低でも週3回はオフィスに出社する計画だったが、新型コロナウイルス再拡大の影響により、少なくとも1カ月以上の延期が決定している。

特集
公開情報
更新日2021年07月29日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:606509)

    やっぱり13にはTouch IDが必要

  2. 通りすがりの読者(コメントID:606506)

    やっぱりTouch IDだね!

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索