Apple、折畳デバイス向けにカラー電子ペーパーディスプレイをテスト中か

省電力性が特徴、折畳デバイスにおけるカバーディスプレイまたはセカンドディスプレイで主流の技術に?

Mika baumeister 9oUeo2W 2Ug unsplash

Appleは、将来的に折畳デバイスで採用することを見据え、カラー電子ペーパーディスプレイをテストしている可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、カラー電子ペーパーディスプレイの省電力性を理由に、Appleに限らず折畳デバイスにおけるカバーディスプレイまたはセカンドディスプレイでの採用が主流になると予測している。

Appleから折畳デバイスが登場するのは、少なくとも3年以上先になる見通しだ。Ming-Chi Kuo氏は、折畳iPhoneの登場は「早くとも2025年以降になる」としており、「折畳iPad」または「iPadとiPhoneのハイブリッド製品」が登場すると指摘している。

ディスプレイ業界のサプライチェーン調査会社Display Supply Chain Consultantsは今年2月、20インチ型の”折畳MacBook”をサプライヤーと協議していると伝えている。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年05月18日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索