次期「Apple TV」、4K動画のストリーミングに非対応

Apple TV

徐々に認知度が高くなっている4K動画だが、Appleはまだ時期尚早であると判断したようだ。

BuzzFeed Newsによると、「WWDC 2015」で発表されると噂されている次期「Apple TV」は4K動画のストリーミングをサポートしないと報じている!

4K動画に対応しても楽しめる人が限られている

Appleは4K動画について否定的という訳ではない。ただ、とある関係者によると「4K動画は素晴らしいが、まだ時期尚早だ」とコメントしているそうだ。

確かに4Kコンテンツは増えてきているが、まだまだメインストリーム化には至ってない。2015年秋に日本市場参入すると発表された、全世界50ヶ国で5,700万人ものユーザー数を誇る動画配信サービス「Netflix」でさえも対応動画は限られている。

アメリカのインフラ事情も影響しているようだ。4K動画はHD動画の4倍以上のピクセル数がつめ込まれているということ。これをストリーミング再生する場合、従来の動画に比べて転送されるデータ量は単純計算でも4倍だ。実はこの膨大な転送量を快適に楽しめるネット環境を構築している世帯はたった19%にしか満たないとのこと。

Appleが4K動画のストリーミングを見送る理由も納得だ。

次期「Apple TV」は現行モデルようなセットトップボックスよりも大きな役割と果たすデバイスになると言われ、Siriの対応やApp Storeが用意される見通し。

(via 9To5Mac