Apple、光センサーをディスプレイに内蔵する特許を取得

Light sensor
「iPhone 8」は全面ディスプレイが採用されると期待されているが、そのためにはベゼルに内蔵されている各種センサーを移動させる必要がある。

先日、画面上どこを触れても指紋認証可能になる特許を取得したことが判明したが、本日、Appleが光センサーをディスプレイに内蔵する特許を取得したことが明らかになった!

有機ELディスプレイに光センサーを埋め込み可能に

従来の光センサーはデバイスの表側に配置されることが一般的。これによって現在のiPhoneのように上下に無駄なスペースが作られ、太いベゼルが必要とされる。

ところが、今回取得した特許の技術を仕様することによって光センサーはディスプレイの層に埋め込まれ、ディスプレイの上下を利用せずに済むという。センサーはディスプレイの機能を邪魔しないように配置され、目視では確認できないようになっているという。

Light Sensor Patent by Apple
2017年に発表されると噂の「iPhone 8」は全面ガラス筐体を採用し、ホームボタンは画面内に内蔵されると噂されている。

(via AppleInsider

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に