Apple、Siriスピーカーを既に製造中ーーWWDCで発表か

Siri iPhone AppleWatch

Appleは既にSiriを搭載したスピーカーを製造しているBloombergが報じている。早ければ以前から噂されている通りWWDC 2017」で発表される可能性があるが、発売は2017年後半になるという。

関係者によるとAppleの一部従業員は自宅で密かにテストしているとのこと。製造はAirPodsも担当しているInventec社だという。

スマートスピーカーは既にGoogle(厳密にはAlphabet)やAmazonから発表されているが、Appleが手掛けるとどのようなものになるのだろうか。

関係者によると「バーチャル・サラウンド・サウンド」技術Appleの各種製品との連携が競合製品との差別化ポイントになると指摘している。

HomeKitのハブとして機能、ディスプレイは非搭載

Appleがスピーカーを発表する理由は2つ。

HomeKitのハブとして

1つは、HomeKit製品のハブになるということ。今時点でHomeKit製品を利用するためには「Apple TV」またはiPadがなければ操作が限られてしまうため、Siri搭載スピーカーがハブとして機能することによってHomeKitに対応する製品やサービスの使い勝手が向上することが期待される。

もちろん、HomeKit以外のサードパーティ製サービスとも連携する見通し。昨年、Appleは「SiriKit」を提供開始した。

自宅向けのAppleプラットフォームとして

もう1つは自宅でもApple製品やサービスを利用してもらうこと。自宅でもAppleのエコシステムの中にしっかりと収まるようにすることが狙いだと見られている。

Google Home」や「Amazon Echo」はAppleのサービスに対応していないものが多く、現状、例えば音楽ストリーミングサービスを利用するにしても「Apple Music」ではなく「Amazon Prime Music」や「Google Play Music」が選ばれる可能性がある。Appleが純正スピーカーを提供することによって競合サービスに乗り換えるリスクを減らすことができる。

音質、音量ともに競合製品を上回るものに

スピーカーとなれば、音質が満足のいくものでなければリビングルームにあるだけ邪魔だ。過去に報じられてきた情報によると、Siri搭載スピーカーは7つのツイーターと1つのサブウーファーを搭載した高音質なサウンドが特徴になると伝えられている。

今回は「バーチャル・サラウンド・サウンド」が実現されると伝えられている他、競合製品と比較してより大きい、クリアな音を再現できるように開発が進められているとのこと。設置された部屋の広さによって音質を調整するセンサーを搭載することも検討していたと伝えられている。

タッチディスプレイを搭載すると言う噂もあったが、Bloombergはこの噂を否定。既にSiri搭載スピーカーの実物を見たという人によると、ディスプレイは搭載されていないという。

確かに置く場所が制限されることを考るとディスプレイは無くても問題ない。ただ、ディスプレイがあった方が便利な場合も多々あるので、個人的にはiPhone/iPad用アプリを提供し、スピーカーと連動して操作できるような仕組みになっているのではないかと予想。もしくは、「ホーム」アプリに統合される可能性も十分ありそうだ。

何れにせよ発売時期が2017年後半と伝えられていることから、「iOS 11」に反映されるのではないかと考えている。

あわせて読みたい