Apple、「Amazon Echo」対抗のスタンドアロン型スピーカーは発表しない方針か

Siri iPhone AppleWatch

大成功を納めている、Amazon独自の音声認識技術「Alexa」が内蔵されたスピーカー「Amazon Echo」。一部噂によると年内にも日本に上陸する可能性もあるという。

そんな「Amazon Echo」に対し、Appleも対抗製品を投入すると思いきや、Timeによると、AppleがSiriを利用したスタンドアロン型のスピーカーデバイスを発表する可能性は非常に低いと報じている!

Siriを中心としたエコシステムの構築が狙い

情報元によると、Appleはスタンドアロン型スピーカーを開発することに対する関心はないとしている。Appleとしては、同社のエコシステム内でしか利用することができない、デバイス横断型の人工知能アシスタントとしてSiriを活用したいと考えているようだ。

Digitimesが業界関係者による情報として、より性能が向上したSiriが次期iPhoneに採用されると伝えていた。

「WWDC 2017」の開催日程は決定しているが、当日発表されるであろう「iOS 11」の目玉機能の1つとして進化したSiriの新機能が一部披露されるかもしれない。

iPhone、Mac、Apple WatchでSiriが利用できるようになった今、あえてSiriを使うためだけのデバイスを用意するよりもSiriそのものの利便性を向上した方が何かと便利だ。利用シーンが自宅内に固定される「Amazon Echo」に対し、SiriであればiPhoneやApple Watchさえあればいつでもどこでも利用できる。

個人的な要望としては、Siriの認識精度が控えめに言っても最悪なので、次のアップデートでどうにかしてもらいたい。

(via AppleInsider

Apple新学期を始めようキャンペーン