Swift Playgrounds、ロボットやドローン、楽器を使用してプログラミングを学ぶことが可能に

Appleは現地時間6月1日、「Swift Playgrounds」の次期バージョン「Swift Playgrounds 1.5」では「LEGO MINDSTORMS Education EV3」、「Sphero SPRK+」、Parrot製ドローンなどサードパーティ製のロボットやドローン、楽器を使用したプログラミングが可能になる発表している。アップデートは無料で配布され、6月5日にリリースされる。

「Swift Playgrounds」はiPadでAppleのプログラミング言語「Swift」を使用した開発を本格的を学ぶことができるアプリケーション。対応デバイスは「iPad Air」「iPad Pro」「iPad mini 2」以降のモデルで「iOS 10」が動作しているiPadで利用することができる。

Swift playgrounds children playing robots

世界中で100万人以上もの大人や子供が同アプリを使用してSwiftを使ったプログラミングを学んでいる。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索