Apple、「WWDC 2016」の基調講演をライブ中継することを発表

Apple WWDC 2016 Live Keynote
本日、Appleは公式サイトを更新し、「WWDC 2016」の基調講演をライブ中継する専用ページを公開したことから当日はキーノートをリアルタイムで視聴することができることが明らかになった!

基調講演は現地時間6月13日午前10時、日本時間6月14日午前2時に開始される。ライブ中継を閲覧するための条件は以下の通り:

Requirements: Live streaming uses Apple’s HTTP Live Streaming (HLS) technology. HLS requires an iPhone, iPad, or iPod touch with Safari on iOS 7.0 or later, a Mac with Safari 6.0.5 or later on OS X v10.8.5 or later, or a PC with Microsoft Edge on Windows 10. Streaming via Apple TV requires an Apple TV (2nd or 3rd generation) with software 6.2 or later or an Apple TV (4th generation).

via Apple Events – Apple Event – WWDC Keynote June 2016 – Apple


今回のライブ中継はAppleの「HTTP Live Streaming(HLS)」テクノロジーを使用。iPhone、iPad、iPod touchの場合は「iOS 7.0」以上のSafari、Macの場合は「OS X 10.8.5」が動作し、Safariのバージョンが「6.0.5」以上、Windows機の場合は「Windows 10」以上で「Microsoft Edge」に限定される。「Apple TV」の場合、「ソフトウェア6.2」以上が動作する第2世代または第3世代のモデルまたは第4世代のモデルであることが条件となっている。


当日の発表されるであろう内容の予想は下記からどうぞ!

「WWDC 2016」開催目前!予想される発表内容まとめ


WWDC-2016-All-Articles

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法