2017年上半期のApp Storeの売上、2007年度のApple全体の売上を上回る

App store revenue 1H17 vs 2007

Appleの10年前の売上は、App Storeの6割程度の規模だったらしい。

Sensor Towerは、2017年上半期におけるiPhoneおよびiPadのApp Store売上は49億ドル(約5,500億円)であると分析。これは、iPhoneが発表された2007年度Apple全体の売上35億ドルを40%も上回っていることが判明した。

App Storeの売上がApple全体の売上の占める割合は、年々拡大している。2013年度においてはApp Storeの売上は17億9000万ドルとなっていて、Apple全体の売上1,709億ドルのうち、1.05%を占めていた。

ところが、2016年度はApp Storeの売上は72億8000万にまで伸び、Apple全体の売上2,156億ドルのうち、3.4%を占めていた。デバイスの出荷台数の伸びは鈍化しているものの、App Storeの売上は伸び続けているのだ。

2017年度は2016年度を僅かに上回る見通しとなっている。

(via Cult Of Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索