Canonバッテリーの劣化度、カメラ内で確認できるんだね……

使用しているバッテリーの種類、バッテリー残容量、撮影回数、劣化度が確認できる

How to check camera battery status 01

Canonのカメラを何年も使っておきながら、バッテリー劣化度をカメラ内で確認できることを最近知った。全く知らなかった。日々勉強だ。

知らない人のためにこっそり解説しておくと、レンチ型アイコンの設定に「バッテリー情報」の項目がある。選択すると、使用しているバッテリーの種類、バッテリー残容量、撮影回数、劣化度が確認できる。

撮影回数は、使用しているバッテリーで撮影した回数が表示されるため、充電を行うと回数がリセットされる。劣化度は、3段階で表示。緑で3マスとも埋まっていれば正常、緑で2マスは少々劣化を意味している。上記写真にあるような赤で1マス埋まっている状態は、バッテリーの買い換えが推奨される状態だ。

なおカメラ用バッテリーは互換品が多数販売されているが、僕はリスクを回避するために純正品にこだわっている。高いが、カメラ本体に異常が出るよりはマシだ。

関連キーワード
公開情報
更新日2022年03月24日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「カメラ」新着記事
トレンド検索