【Google IO】Google、健康管理プラットフォーム「Google Fit」を発表!

Google fit
Googleは「Google I/O 2014」にて、以前から噂されていた健康管理プラットフォーム「Google Fit」を正式に発表した!


機能としてはAppleが先日発表した「HealthKit」と非常に似た機能が提供される予定。現在開発を進められている「Android L」に直接組み込まれる見通しとなっている。

各種健康情報だけではなく、睡眠時間や歩数なども管理可能

「Google Fit」は健康管理情報を複数のアプリやウェアラブルデバイスから取得し、一箇所にまとめて一元管理することを可能とするプラットフォーム。既にアディダスWithingsナイキなどとパートナーシップを組むことが決定している。アディダスとナイキに関してはそれぞれのウェアラブルデバイスを「Google Fit」と連携させる方針だ。

Google fit
本日は「Google Fit」というプラットフォームの発表はされたものの、実際に各方面から集めた健康やフィットネス関連データを閲覧できるアプリの発表はなかった。Appleは閲覧するアプリとして「Health」を提供し、プラットフォームとして「HealthKit」を紹介したが、Googleが本日発表した「Google Fit」はどちらかと言うと「HealthKit」に近いのかもしれない。

(via 9To5Google

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!