Google Assistant対応デバイス、1月末までに10億台を突破する見通し

Pawel czerwinski 710838 unsplash google logo

Googleによると、Google Assistant対応デバイスは2019年1月末までに10億台を突破する見通しとなっている。昨年5月時点から5億台も増えている計算になる。

アクティブユーザー数は昨年比で4倍に

先日AmazonAlexa対応デバイスの販売台数は1億台を突破したと発表したばかり。Googleの方が9億台も多いことになるが、Google AssistantのバイスプレジデントManuel Bronstein氏によると、10億台の大部分はAndroidスマートフォンであると説明。

スマートスピーカーなどその他スマートデバイスとの具体的な比率については言及していないが、注目に値する割合を占め、その割合は伸びていると説明している。

また、Google Assistantは30種類の言語に対応し、80カ国で利用可能に。アクティブユーザー数は昨年比で4倍に伸びたことを明らかにしている。

(via The Verge

関連情報
更新日2019年01月08日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索