Gmail、予約送信機能を順次提供へ

Next generation of gmail

Googleのメールサービス「Gmail」がリリースされたのは2004年4月1日。

サービス開始から15周年を迎え、同社は「Gmail」の新機能として予め設定した日時に送信してくれる「予約送信」機能や「Smart Compose」機能の対象エリア拡大およびiOS対応を発表した。

予約送信機能はアプリ、デスクトップどちらでも利用可能

メールの「予約送信」機能は欲しいときが意外とある。営業時間外でメールを作成しておき、営業自家内になったら自動的に送信できるようにしたい、と思ったことは無いだろうか。

もしくは、海外の時間帯に合わせてメールを送信する日時を調整したい場合などにおいても役立つ。

「予約送信」機能はモバイルアプリおよびデスクトップで動作し、モバイルアプリ版では団子型ボタンから、デスクトップ版では「送信」ボタンに追加される下向きの三角型ボタンから送信日時を設定できるメニューが追加される仕組みに。

Schedule Send Gmail
モバイルアプリ版の動作イメージ

Schedule Send Gmail
デスクトップ版の動作イメージ

上記イメージでは「明日朝」「明日昼」「明後日朝」「日時を選択」という4つのオプションが用意されている。これらをユーザー自身がカスタマイズ可能なのかどうかは分かっていない。

「Smart Compose」の対象地域拡大、「Dynamic Email」も提供へ

「予約送信」機能以外にも、Google自動補完機能「Smart Compose」がスペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語で利用可能になることを明らかにすると同時に、iOSサポートも発表した。

ただし、対象言語には日本語は含まれず、日本での利用時期は不明。

Smart Compose Image

他にも「Dynamic Email」と呼んでいるリッチなメール機能により、「Googleドキュメント」のファイルが添付されているメールはGmailを離れることなくコメントスレッドに返信することができるようになる。

Dynamic Email

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索