「iMac Pro」のメモリ(RAM)、Appleまたは正規サービスプロバイダによる交換が可能

IMac Pro RAM is Replacable with authority

27インチ型「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」は本体裏側にユーザー自身が簡単にRAMにアクセスし、交換することができるスロットが用意されていたが、「iMac Pro」の場合、完全に一体化されているため、ユーザー自身で後から交換することができない。

幸いにも全く交換できない、ということではなく、Appleまたは正規サービスプロバイダであれば「iMac Pro」のRAMは交換することが可能であることを確認した、とiMoreのRene Ritchie氏が明らかにしている

ユーザー自身が購入したRAMの交換対応は不明

Apple Storeであれば当然ながらAppleが用意しているRAM(ここでは「Apple純正のRAM」という表現する)しかアップグレードできず、純粋にあとからRAMを増やしたくなった人向け。サードパーティの正規サービスプロバイダであれば、Apple純正のRAM以外のRAMも取り扱うことが可能に。

場合によってはユーザー自身が購入したRAMを代わりに交換してくれる可能性もあるが、各店舗によって方針が異なると思われるため、一度持ち込む予定の正規サービスプロバイダに電話で確認を取ることを強くオススメする。

「iMac Pro」は標準で32GB 2,666MHz DDR4 ECCメモリが搭載され、Appleで交換した場合、64GBは税別88,000円、128GBは税別264,000円掛かる。

そもそも「iMac Pro」をApple Storeまたは正規サービスプロバイダの店舗まで持ち出す必要があることを考えると、購入時から必要なRAMを購入しておいた方が楽だ。一応、無駄にオシャレな27インチ型iMacが持ち運べるトートバッグもあるが、約10kgを片肩に背負うのは相当しんどいのではないだろうか。

なお、SSDやGPUに関するアップグレードはできないが、4つの「USB-C/Thunderbolt 3」や外付けグラフィックボード(eGPU)を利用すれば拡張可能であることを指摘している。



(via MacRumors

もっと読むiMacまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン