新型iMacの27インチモデル、正式発表 基本スペックが劇的進化、カメラはフルHDに

最大10コアCPU、最大128GBのRAM、最大8TBのSSD、最大16GBのGDDR6メモリを持つ最新AMD製GPUが選択可能に

Apple imac magickeyboardnum magicmouse2 macos wallpaper 08042020

Appleは8月5日、27インチ型iMac(2020)を正式に発表した。価格は194,800円から。

2019年モデルから基本的なデザインは変わっていないが、最大10コアの第10世代Intel Coreプロセッサ、最大128GBのRAM、最大8TBのSSD、最大16GBのGDDR6メモリを持つAMD Radeon Pro 5000シリーズのグラフィックス、T2チップを搭載し、スペックが大幅に進化している。

一世代前の27インチ型iMac(8コアモデル)と比べて、最新の10コアモデルはLogic ProやFinal Cut Proなど、多くのプロ仕様アプリでパフォーマンスが向上するという。

  • Logic Pro Xのプラグインを最大65パーセント多く利用可能。
  • Final Cut Pro Xでの8K ProResトランスコードは最大40パーセント高速化。
  • Autodesk MayaのArnoldを使ったレンダリングは最大35パーセント高速化。
  • Xcodeのビルド時間は最大25パーセント高速化。

True Tone対応、T2チップ搭載、マイクやスピーカーも改良

ディスプレイは引き続き5K解像度だが、Pro Display XDRで提供されているNano-textureガラスがオプションとして用意されている。またiMacシリーズとして初めてTrue Toneに対応。環境に応じてディスプレイの色温度が自動的に調整される。

マイクおよびスピーカーの性能も改良され、長年720pにとどまっていたFaceTimeカメラもようやく1080p(フルHD)に改良されている。

Apple imac macos facetime 08042020
FaceTimeカメラがようやくフルHD……

特徴は以下のとおり。

  • 最大3.6GHz 10コア第10世代Intel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)が選択可能
  • ディスプレイコーティングとしてNano-textureガラスが選択可能
  • メモリは、最大128GBの2,66MHz DDR4メモリが選択可能
  • グラフィックスは、最大Radeon Pro 5700 XT(16GB GDDR6メモリ搭載)が選択可能
  • ストレージは、最大8TB SSDが選択可能
  • FaceTimeカメラが1080p(フルHD)に高画質化
  • T2セキュリティチップを搭載
  • スタジオのような品質を持つ3マイクアレイを搭載
  • 高音質スピーカーを搭載
  • 10Gb Ethernetをサポート

21.5インチモデルは変わっていないが、全てのモデルが標準でSSDを搭載している。Fusion Driveを選択するオプションは用意される。

関連情報
カテゴリiMac
更新日2020年09月04日
コメント(8件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Yuri

    やっと出ましたね!iMac21.5インチモデルはこのまま置いていかれるのでしょうかね??

    1. g.O.R.i

      このままになるっぽいですねぇ。今後どうなるのかわかりませんが!

  2. 通りすがりの読者

    やっと来たぁぁぁ!!!!

    1. g.O.R.i

      イェーイ!!!!

  3. jaco

    goriさん、こんにちは。新型iMac、Apple Siliconじゃないんですね。

    1. g.O.R.i

      ですですー、まさかしれっとAppleシリコン初搭載Macは出さないと思いますー!もっと大々的にドッカーンとやると思います!

  4. 通りすがりの読者

    え、、デザインは変更なし?
    かなりガッカリ。。

    1. g.O.R.i

      このタイミングなのでデザインリニューアルはしないですよー

「iMac」新着記事
トレンド検索