M1チップ内蔵のMac mini、正式発表 次世代Macの実力が7.2万円で試せる

同じ価格帯で最も売れているWindowsパソコンと比べてサイズは10分の1、最大5倍も高速

Apple new mac mini logicpro screen 11102020

Appleは11月11日、スペシャルイベント「One More Thing.」で、M1チップを内蔵したMac mini(2020)を正式に発表した。価格は72,800円から。

M1チップが持つ8コアのCPUは、1世代前のものと比べて最大3倍高速。8コアGPUは、グラフィックス性能が最大6倍と大きく向上しているため、Mac miniで複雑な3Dレンダリングのようなパフォーマンスを駆使する作業もこなせるようになる。

Apple November Event One More Thing Apple Silicon Mac 1026

M1チップを内蔵した新しいMac miniは、前モデルと比べて以下のことが可能になる。

  • Xcodeを使って最大3倍の速さでコードをコンパイルする。
  • Shadow of the Tomb Raiderのようなグラフィックスを駆使するゲームを、最大4倍のフレームレートでプレイする。
  • Final Cut Proで複雑なタイムラインを最大6倍の速さでレンダリングする。
  • Logic Proで最大3倍多くのリアルタイムプラグインを使って、音楽制作を新しいレベルに引き上げる。
  • Pixelmator Proで最大15倍の速さで、魔法のように写真の解像度を上げる。
  • TensorFlowやCreate MLなど、M1チップによって高速化した機械学習フレームワークを活用する。
特集
関連情報
カテゴリMac mini
更新日2020年11月11日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac mini」新着記事
トレンド検索