M1チップ、正式発表 AppleシリコンMac用、8コアCPU+8コアGPU

最先端の5ナノメートルプロセステクノロジーを使って作られた初めてのパーソナルコンピュータ用チップ

Apple November Event One More Thing Apple Silicon Mac 410

Appleは11月11日、スペシャルイベント「One More Thing.」でAppleシリコンMac向けに作られた最新のシステムオンチップ「M1を発表した。

M1チップは、コンパクトさと電力効率が極めて重要となるMacシステムのために最適化されている。CPU、GPU、RAM、Apple Neural Engineが1つのチップ内に配置され、パフォーマンスと効率を劇的に進化。CPU性能は最大3.5倍、GPU性能は最大6倍、機械学習では最大15倍高速になり、バッテリーは1世代前のMacよりも最大2倍長く持続する。

M1チップのCPU

Apple m1 chip 8 core cpu chart 11102020

M1チップのCPUは、4つの高性能コアと4つの高効率コアで構成された8コア仕様だ。4つの高効率コアは、10分の1の電力で動作する。8つのコアすべてが連係することで、高いパフォーマンスを要求する作業に高い処理能力を発揮することができる。

M1チップのGPU

Apple November Event One More Thing Apple Silicon Mac 365

GPUは、8コアの統合型グラフィックス。2.6テラフロップスのスループットを持ち、複数の4Kビデオのストリーミング再生、複雑な3Dシーンのレンダリングを軽々こなす。

M1チップのRAM

Apple m1 chip cpu power chart 11102020

RAMは、ユニファイドメモリアーキテクチャを採用。専用のパッケージ内で高帯域幅を持つ低遅延のメモリを1つのプールに収めることで、複数のメモリプール間でコピーすることなく同じデータにアクセスでき、パフォーマンスと効率が一段と向上する。

M1チップその他の進化

Apple m1 chip macbookair facetime screen 11102020

M1チップにより、内蔵カメラのノイズリダクション強化、より広いダイナミックレンジ、進化した自動ホワイトバランス機能を備えた、Appleで最も新しい画像信号プロセッサ(ISP)を実現している。ビデオ会議における画質の向上が期待される。

Thunderbolt 3とも互換性がある、USB 4対応のThunderboltコントローラもサポートされている。

特集
関連情報
更新日2020年11月11日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. toripiyo

    今回Mac miniが出るのは意外でした
    Boot Campを使うためにiMac購入したいですが今後何年も使う+学割使用可能と考えるとMac miniも捨て難いんですよね でも初のApple Siliconなので不具合連発しそうで怖さもあり どちらにすべきか悩みまくってます

    1. g.O.R.i

      一旦は様子見で、動作確認などの報告を待ったほうが良いと思います!すぐに在庫切れするような感じもなさそうですし!

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索