M1チップ内蔵のMacBook Pro、正式発表 電池持ちはIntel機種の2倍

M1を搭載した13インチMacBook Proは、同等クラスで最もよく売れているWindowsノートパソコンと比べて最大3倍高速

Apple new macbookpro wallpaper screen 11102020

Appleは11月11日、スペシャルイベント「One More Thing.」で、M1チップを内蔵した新しいMacBook Pro(2020)を正式に発表した。価格は134,800円(税別)から、学生・教職員価格は123,800円(税別)から。筐体のサイズおよび重さはIntelモデルと全く同じだが、M1チップ搭載によるパフォーマンスおよび電池持ちが大幅に向上している。

CPUおよびGPUの変更オプションは用意されていない。RAMは標準で8GBだが、最大16GBまで搭載可能だ。ストレージは256GBから。最大2TBまで拡張できる。Thunderbolt/USB 4ポートは左側に2基用意され、キーボードはTouch BarおよびTouch IDが採用されている。Wi-Fi 6にも対応し、高速ワイヤレス通信が可能になった。

1世代前と比べてCPUは最大2.8倍高速、GPUは最大5倍高速に

Apple November Event One More Thing Apple Silicon Mac 1192

M1チップの搭載により、同等クラスで最もよく売れているWindowsノートパソコンと比べて最大3倍高速に動作する。8コアCPUは、1世代前と比べて最大2.8倍高速、8コアGPUは最大5倍高速になった。

新しいMacBook Proは、Mac史上最も長いバッテリー駆動時間を実現。 ワイヤレスネットインターネットは最大17時間、ビデオ再生は最大20時間となっており、Intel機種と比べて2倍となる10時間も長くなっている

M1チップを内蔵した新しいMacBook Proは、前モデルと比べて以下のことが可能になる。

  • Xcodeで最大2.8倍の速さでコードを書く。
  • Final Cut Proで複雑な3Dタイトルを最大5.9倍の速さでレンダリングする。
  • Unity Editorで複雑なゲームシーンを最大3.5倍の速さで思いのままにデザインする。
  • Create MLで最大11倍の速さで機械学習のタスクを実行する。
  • Neural Engineの驚異的な性能を活かして、djay Pro AIで録音からビート、楽器、ボーカルトラックをリアルタイムで分離する。
  • フル品質の8K ProResビデオを、1フレームも落とさずにDaVinci Resolveで再生する。
  • M1チップの革新的なワット当たりの性能を活かして、1回の充電で4倍の量のコードをコンパイルする。
特集
関連情報
カテゴリMacBook Pro
更新日2020年11月11日
コメント(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    > キーボードはファンクションキーおよびTouch IDが採用されている。

    ファンクションキーは付いてなくないですか?

    1. g.O.R.i

      ついてないですね、夢を語っていたようです(違

      修正しました!ありがとうございます!!!!

  2. 通りすがりの読者

    同じSoCなのにAirがファンレス、Proがファン有りってのが不思議
    TDPが違うのかしら

    1. 通りすがりの読者

      多分air側ではクロックとか電圧とか諸々制限かけてるから発熱が少ないんじゃないかな? 同じチップ&同じパフォーマンスなのであれば製品として分ける意味が薄れてくるので、その辺はうまくやってるんでしょうね。

  3. 通りすがりの読者

    intel搭載も併売で、あちらのほうが高い。ということは、一応intelのやつが早いのかなぁ。まさかポート数だけで高いわけないだろうとは思うんだけど。ベンチマーク早く出ないかなぁ

    1. g.O.R.i

      Intelはロイヤルティを払わないといけないから、その分高いんだと思います!パフォーマンスはさすがにM1のほうが高いとは思いますが、アプリケーションの最適化によって今はまだ思うような結果が出ないかもですね(そういう意味合いも込めて先にエントリー機種を発表したんだと思います)

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索