iFixit、21.5インチ型「iMac 4K」2017年モデルの分解レポートを公開ーーCPUとRAMは(一応)換装可能

IFixit iMac21 5 Teardown

iFixitが21.5インチ型「iMac 4K」の2017年モデルの分解レポートを公開している。

最近のMacは全てロジックボードに取り付けられていることが多いが、iFixitがテストした4Kモデルの下位モデル(21.5インチモデルのミドルレンジモデル、税別142,800円)はCPUとRAMが取り付けられていないことが判明。つまり、分解することさえできればユーザー自身で換装することも可能。

とは言え、Appleは当然ながらユーザー自身が換装することを前提として設計していない。iFixit恒例の「修理難易度スコア」は10段階中「3」という結果になっている。一般人が自分自身で修理することは極めて難しいという評価だ。

詳細は下記からどうぞ!

(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iMac」新着記事
トレンド検索