iOS 13:ダークモード時のSafariで通常モードとプライベートブラウズモードを見分ける方法

Safariのタブボタンをタップし、左下の「プライベート」という文字で見分けることもできるが、一目で確認する方法もある

IOS13 PrivateBrowsing LightDarkMode Difference

iOS 13」には待望のダークモードが追加されたが、Safariを使っている時に、通常の表示なのか、検索履歴を残さずにブラウジングができる「プライベートブラウズ」(僕はプライベートモードと呼んでいる)が有効になっているのか非常に分かりづらいことに気が付いた。

というのも、一般的にプライベートモードはSafariが黒くなる。ダークモードはデフォルトで全体的に黒い。どうやってSafariが通常表示なのか、プライベートモードであるなのかを見分けるのか。

本記事ではiOS 13」のダークモードを有効化した状態でSafariで通常モードとプライベートモードを見分ける方法を解説する!

ライトモードで見るSafari

まずはダークモードが無効な状態、つまり、ライトモードが有効な状態のSafariを確認する。

これが通常表示。「iOS 13」になっても基本的に見慣れたデザインのまま。
Ios13 safari light mode regular browsing

こちらがプライベートモードに切り替えた時の表示。全体が黒くなるのではなく、アドレスバーが黒く塗りつぶされていることが分かる。また、下部にあるボタンがブルーではなく濃いグレーになっていることが確認できる。
Ios13 safari light mode private browsing

ダークモードで見るSafari

づついて、ダークモードが有効な状態のSafariを確認する。

Safariは全体的に黒く、アドレスバーも黒い。
Ios13 safari dark mode regular browsing

プライベートモードに切り替えると、アドレスバーはさらに黒くなる。そして、やはり下部にあるボタンはブルーではなくホワイトになっている。ライトモードでは基本のUIが白基調だったのに対し、ダークモードでは黒基調になるため、ボタンの色も濃いグレーではなくホワイトが採用されている。
Ios13 safari dark mode private browsing

アドレスバーの濃さとボタンのカラーで見分けられる

IOS13 PrivateBrowsing LightDarkMode Difference 2

もちろん、Safariのタブボタンをタップし、左下の「プライベート」という文字が白背景に囲まれている状態であればプライベートモード、なっていなければ通常モード、という見分け方もできるが、一目で確認できた方が何かと便利。

結論として、「iOS 13」のダークモードを有効化した状態でSafariで通常モードとプライベートモードは、アドレスバーの濃さとボタンのカラーで見分ける、というのが一番分かりやすいのではないだろうか。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSの使い方・設定」新着記事
トレンド検索