iOS 13のダークモードを有効化するとiPhone電池持ちが最大30%も長持ちすることが判明

有機ELディスプレイ搭載のiPhoneを使っていてダークモード対応アプリを使用する頻度が高ければ、省エネ対策になりそう

Dark mode makes battery life longer

iOS 13」から提供開始されたダークモードは有効化すると主に2つのメリットを享受できる。

1つは、暗い場所でiPhoneを見る時に画面が目に優しいこと。もう1つは、有機ELディスプレイ(OLED)を搭載しているiPhone(iPhone XiPhone XSシリーズ、iPhone 11 Proシリーズ)であれば省エネ対策になる、ということ。

有機ELディスプレイとの組み合わせで省エネ対策になることは理論上は分かるが、具体的にどれほど電池持ちが良くなるのか。PhoneBuffが検証した結果によると、ダークモードを有効化することによって電池持ちは最大30も長くなる場合があることを明らかにしている!

画面輝度が高ければ高いほど、電池持ちに差が出る

PhoneBuffが行った検証ではライトモードとダークモードの「iPhone XS」を比較。画面の明るさは200ニトに固定されている。

「メッセージ」アプリ、「Twitter」アプリ、「YouTube」アプリ、そして「Googleマップ」アプリでそれぞれ2時間ずつ、機会を使ってメッセージの送受信やスクロール、動画のエンドレス再生などを行い続けた結果、最終的にダークモードを有効化した「iPhone XS」が30%電池残量を残した状態でライトモードの「iPhone XS」が電池切れしている。

今回の検証では使用したアプリがすべてダークモードに対応し、画面輝度が固定されていたことから、実世界で使用する時はここまでの差は出ない可能性もある。また、使用しているアプリによって効果の差はあると考えられる。

動画の最後では、屋内で使用している時に近い画面輝度であると思われる100ニトの明るさでは5%程度の差しかなかったが、屋外で使用している時に近い画面輝度である300ニトの明るさでは12%の差があったと紹介されている。

このことから、有機ELディスプレイを搭載したiPhoneを主に屋外で使用する場合、ダークモードを有効化した方がモバイルバッテリーに頼ることなく長く使い続けることができそうだ。

(Source: 9to5Mac

コメントを残す(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(3件)
  1. 通りすがりの読者

    ブラウザやSNSのように黒背景で固定できるアプリを多用する人ほど効果ありますね。逆にゲームのように黒のみ表示がほとんどないアプリだと意味を成さない。自分は輝度を半分で使用しているのもあり、おまけ程度に考えています

    1. g.O.R.i

      ですね、ですね、やっぱりかなり個人差はあると思います……!

  2. Apple大好きマン

    見やすいのでダークモードを使っていましたが、バッテリーにも優しいんですね。
    これはやめられません(笑)

「iOS 13」新着記事
トレンド検索