Apple、32インチと42インチの有機ELディスプレイを搭載した製品を準備中か

外部ディスプレイやiMacなどMac関連製品になると思われる

Mac Pro Pro Display XDR Apple Omotesando 01

Appleは、32インチと42インチの有機ELディスプレイパネルが採用された製品を2027年に発表する可能性がある。採用されるデバイスの詳細は不明だが、外部ディスプレイiMacなどMac関連製品になるだろう。

2022年における有機ELパネルの出荷数は970万枚と推定されるが、2028年には7,000万枚にまで増加する見通しだ。主な要因は、Apple製品の有機EL採用。情報技術に特化した市場調査会社のオーバム(Omdia)の調べによると、Appleは2027年までにiPadMacBook外部ディスプレイ製品のほとんどを有機ELディスプレイに切り替えるという。

32インチと42インチのディスプレイには、WOLDまたはQD-OLEDの有機ELパネルが検討中とされる。

WOLD(White OLED)は従来からある技術で、白色発光の有機ELにカラーフィルターを組み合わせたもの。QD-OLED(Quantum Dot OLED)は、量子ドット技術と有機ELを組み合わせた新しい技術だ。RGBの光の三原色を発光して白を表現する仕組みにより、追加のカラーフィルターが不要。ディスプレイの輝度を高めることができる。

なおAppleは、27インチ型ミニLEDディスプレイを2024〜2025年に発売すると噂されている。Pro Display XDRの後継モデルを開発中との情報もあるが、詳細は明らかになっていない。

(Source: OLED Info via MacRumors

もっと読む

12本の記事を表示する
関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. とおる(コメントID:680261)

    42インチ8Kだったらいいなぁ。
    いい加減まともな8Kディスプレイ欲しい。

「Mac用ディスプレイ」新着記事
トレンド検索