iOS/iPadOS 15.3、正式リリース Safariの”閲覧履歴バグ”を修正

iPhoneおよびiPad用のバグ修正とセキュリティアップデートが含まれている

Ios15 3 ipados15 3 update

Appleは1月27日、iOS 15.3およびiPadOS 15.3を正式リリース

最新バージョンは、iPhoneおよびiPad用のバグ修正とセキュリティアップデートが含まれている。一部で話題になっていた、別のウェブサイトが保存した情報にアクセスできるWebKitの不具合も修正。Safariだけではなく、Chromeなど多くのブラウザが影響を受ける脆弱性のため、早めのOSアップデートによる安全確保を推奨する。

Appleのセキュリティアップデートこちらのサポートページを参照してもらいたい。

アップデートは「設定」アプリの「一般」を開き、「ソフトウェア・アップデート」から行う。最新アップデートが配信されている場合は、最新バージョンが表示される。「ダウンロードしてインストール」をタップするとパスコード入力が求められ、ダウンロードとインストールが開始する。

関連キーワード
公開情報
更新日2022年01月27日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索