【比較】10.5インチ型「iPad Pro」と9.7インチ型「iPad」、どちらを買うべきか

IPad 9 7 inch Apple Pencil support 32718

10.5インチ型「iPad Pro」と9.7インチ型「iPad」、どちらを買うべきか。

本記事では2017年6月に発表された10.5インチ型「iPad Pro2018年3月に発表された9.7インチ型「iPad (第6世代)」スペックや仕様を比較してみた。どちらのモデルを購入するべきか悩んでいる人は参考にどうぞ!

共通するのは「Apple Penci」対応!Proはやはりプロ仕様

まずは1分程度で分かる、10.5インチ型「iPad Pro」と9.7インチ型「iPad (第6世代)」のスペック・仕様の違いをまとめたので、ご覧あれ!

  • ディスプレイサイズは10.5インチと9.7インチで異なるが、ピクセル密度は同じ
  • 「iPad Pro」は「A10X Fusion + M10」、「iPad」は「A10 Fusion + M10」
  • 「iPad Pro」は「ProMotionテクノロジー」に対応、「iPad」は非対応
  • 「iPad Pro」はTrue Toneディスプレイに対応、「iPad」は非対応
  • 「iPad Pro」はSmart Connectorに対応、「iPad」は非対応
  • 「iPad Pro」のカメラ性能の方が外向き、内向きどちらにおいても優れている
  • 「iPad Pro」はスピーカーが4基、「iPad」は2基
  • 「iPad Pro」の方わずかに大きいが、重さは「iPad」と変わらない
  • 「iPad Pro」は69,800円〜、「iPad」は37,800円〜

上記を踏まえた上で、具体的なスペックと仕様の比較は下記表を参考にどうぞ!

iPad Pro(10.5インチ) iPad (第6世代)
Wi-Fi Wi-Fi+LTE Wi-Fi Wi-Fi+LTE
プロセッサー A10X Fusion + M10 A10 Fusion + M10
ディスプレイ Retinaディスプレイ
10.5インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,224 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載9.7インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppi
耐指紋性撥油コーティング
外向きカメラ(iSight) 12メガピクセルカメラ
ƒ/1.8の開口部
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
8メガピクセルカメラ
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大43メガピクセル)
写真のHDR
露出コントロール
バーストモード
タップしてフォーカス
タイマーモード
ƒ/2.4の開口部
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
自動手ぶれ補正
人体検出と顔検出
写真へのジオタグ添付
内向きカメラ(FaceTime) 7メガピクセルの写真
1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
1.2メガピクセルの写真
Live Photos
ƒ/2.2の開口部
Retina Flash
720p HDビデオ撮影
裏面照射
写真とビデオのHDR
人体検出と顔検出
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
動画撮影 4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
1080p HDビデオ撮影
スローモーション(120fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの手ぶれ補正
人体検出と顔検出
3倍ビデオズーム
ビデオへのジオタグ添付
Bluetooth Bluetooth 4.2
Touch ID
Apple Pencil
Smart Connector
スピーカー 4基 2基
電池持ち Wi-Fi:最大10時間 Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
Wi-Fi:最大10時間 Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
容量 64GB
256GB
512GB
32GB
128GB
縦幅 250.6mm 240mm
横幅 174.1mm 169.5mm
厚さ 6.1m 7.5mm
重さ 469g 477g 469g 478g
カラー ローズゴールド
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
価格 64GB:69,800円
256GB:80,800円
512GB:102,800円
64GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円
32GB:37,800円
128GB:48,800円
32GB:52,800円
128GB:63,800円

続いて、上記を踏まえてどのモデルを選ぶべきかについて、簡単に解説する。

iPadに求めることは?使い方で選ぶべきモデルを考える

ここからは10.5インチ型の「iPad Pro」を買うべきか、9.7インチ型の「iPad」を買うべきかについて、スペックや仕様を踏まえて想定する使い方を考えながら解説する。

Apple Pencil」を本気で使うなら「iPad Pro」

IPad Pro 10 5inch Review 25

「iPad (第6世代)」の最大の強みは「Apple Pencil」に対応したこと。これまでは「Apple Pencil」を使いたかったとしても最低でも7万円+本体代が必要だったが、9.7インチの最新モデルの32GBモデルを購入すれば合わせて5万円以下に収まる。実にお買い得だ。

ただし、やはりAppleは「Pro」の名に恥じないよう、「iPad Pro」との差別化はしっかりと用意している。「iPad Pro」は最大120Hzのリフレッシュレートが得られる「ProMotionテクノロジー」に対応。実際に10.5インチモデルで「Apple Pencil」を使うと、従来機よりも滑らかに感じる。

とは言ってもこの滑らかさがなければ「Apple Pencil」を使えないかというと、まったくもってそのようなことはない。筆先の精度が高ければ高いほうが良いと感じる作業をするのであれば「iPad Pro」一択になるが、単に「Apple Pencil」を使ってを書いたり、メモを取ったり、落書きするために使いたい、ということであれば「iPad」でも十分。

True Toneディスプレイ対応やSmart Connector搭載の有無

9.7インチ型iPad Pro、正式発表

「iPad Pro」はTrue Toneディスプレイに対応し、Smart Connectorを搭載している。True Toneディスプレイとは、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適用させる機能。普通の紙を異なる色合いの光の下に置くとその光の色を反映するように、True Toneディスプレイも周囲の光に合わせて自動調整することができる。Smart Connectorは、「Smart Keyboard」などのアクセサリを利用するための外部ポート。

特にキーボードを使いたいという人にとっては「Smart Keyboard」よりも魅力的な選択肢は少ないだろう。あれほど薄く、折りたたんでケースにすることもできるのは魅力的。「Smart Connector」から直接電源が供給されるため、Bluetoothキーボードのようにペアリング作業などは一切不要。

iPadでバリバリ文字を入力したい、という人は「iPad Pro」の方が良いかもしれない。

マシーンスペックは「iPad Pro」の圧勝

IOS 11 Released 04

純粋な端末のCPU性能に関しては、「iPad Pro」が圧倒的。

10.5インチ型「iPad Pro」の「A10X Fusion」はMacBook ProやiMac並の性能に匹敵すると言われているが、「A10 Fusion」は「iPhone 7」と同等のスペック。それでも性能としては十分だが、「iOS 11」のマルチタスク機能をフルフルに活かしたいという人にとってはよりハイスペックな「iPad Pro」の方が結果的に満足できるかもしれない。

逆に僕のようにネットを見たり、本を読んだり、動画見たりというカジュアルな使い方をする場合は「iPad」でも十分な性能だと思われる。

「Apple Pencil」が使えればいいなら「iPad」の方が圧倒的にお得!

IPad 9 7 inch Pencil Slider 32718

パソコンの代わりとして使いたいのであれば、もしかしたら「iPad Pro」の方が良いかもしれない。「Smart Keyboard」も使え、スペックも申し分なし。

カメラ性能やスピーカー性能も「iPad」以上のものを持っていて、重さも実質同じ。ベゼルが薄く、見た目が格好良いのは「iPad Pro」だ。

ただ、価格という点で見ると「iPad」には敵わない。32GBモデルが37,800円から、128GBモデルが48,800円から、という選択肢は実に魅力的。「Apple Pencil」が使いたい、という人にとっては最高の1台だ。

例えば、子どもにお絵描きデバイスとして導入したり、イマイチ指先の操作に馴染めない親御さんに連絡用デバイスとして渡したりなど、「本格的なスペックはないけどApple Pencilが使いたい」というニーズは確実に存在する。

もしそのような状況なのであれば、「iPad (第6世代)」は素晴らしい製品だ。価格は前モデルから据え置きではあるが、スペックが改良され「Apple Pencil」に対応したというだけでも十分な進化だ。

ところで、新モデルが登場すると旧モデルが安くなる。「Apple Pencil対応もスペックアップもいらないけど、もっと安く手に入れたい」という人はiPadの整備済み商品が狙い目。新モデル登場を受けて、「iPad」旧モデルが約1万円オフで登場している。

スペック・性能重視なら「iPad Pro」、「Apple Pencil」が使えればOKなら「iPad (第6世代)、とにかく安く買いたいのであればiPadの整備済み商品をチェックするべし!

あわせて読みたい