macOS Monterey 12.3とiPadOS 15.4のベータ版、ユニバーサル・コントロールがついに登場

度重なる延期を経て、ベータ版で初登場 今春に正式リリースされる予定

WWDC21 Keynote 5076

Appleが1月28日、開発者向けにリリースしたmacOS Monterey 12.3とiPadOS 15.4のベータ版では、ユニバーサル・コントロールが有効化され検証可能になっている。

ユニバーサル・コントロールは、1組のキーボードとマウスまたはトラックパッドを使い、MacとiPadの間でシームレスに作業できる機能。カーソルをMacからiPadに動かしたり、Macで入力した文字をiPadに表示させたり、コンテンツをMacから別のMacへドラッグ&ドロップしたりすることが可能だ。

当初はリリース時に提供開始される予定だったが、二度の延期発表を経て、初めてベータ版に登場した。

ユニバーサル・コントロールの設定項目は、Macではシステム環境設定の「ディスプレイ」項目内、iPadでは設定アプリの「一般」内にある「AirPlay とHandoff」に追加されている。

(Source: MacRumors

関連キーワード
公開情報
更新日2022年01月29日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. かいちょ(コメントID:621107)

    MacOS12.2を当ててからスリープ時になんか繰り返し起動してるっぽい。外付けHDDが電源連動なので起動とスリープに同期してランプがついたり消えたり。USBをひとつづつ抜いて、原因を見ていくとMagicKeyboardですね。キーボードをOFFにするとちゃんとスリープしますもんね。まだBluetooth周りが良くないのかな?と思われます。

  2. g.O.R.i(コメントID:621100)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:621094)
    コントールになってますよ。

    やば、全く気づかなかった……。ありがとうございます!今ようやく修正できました!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:621094)

    コントールになってますよ。

「iPadOS 15」新着記事
トレンド検索