Anker、USB-C×2+USB-A×1の最大65W充電器を発売

「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」が販売開始

Anker PowerPort3 65w pod

Ankerは2月14日、2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートから構成されるUSB充電器「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」の販売を開始した。価格は5,990円。

独自技術「Anker GaN II」 や「PowerIQ 3.0 (Gen 2) 」を採用しており、単ポート利用時または3ポート同時使用時で最大65Wの出力を実現している。使用ポート別の最大出力は以下のとおり。

  • 単ポート利用時
    • USB-C : 5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=3.25A (最大65W)
    • PPS出力 : 3.3V-16.0V=3.25A (最大52W)
    • USB-A : 4.5V=5.0A / 5.0V=4.0A / 5.0V=4.5A / 5.0V=3.0A / 9.0V=2.0A / 12.0V=1.5A (最大22.5W)
  • 2ポート利用時
    • USB-C (2ポート同時):45W+20W (合計最大65W)
    • USB-C (上部) + USB-A : 40W+22.5W (合計最大62.5W)
    • USB-C (下部) + USB-A : 12W+12W (合計最大24W)
  • 3ポート利用時
    • 40W+12W+12W (合計最大64W)

3ポートの同時使用でも、USB-Cポートは最大40W出力が可能

3ポートの同時使用でも、USB-Cポートは40Wを確保できる。MacBook Airであればフルスピード、13インチMacBook Proでもフルスピードに必要とする出力の65%の電力を供給できる。

本体重量は約130g。折畳式プラグを内蔵し、折り畳まれた状態のサイズは、約38 x 29 x 66mm。携帯性に優れているが、コンセントに対して突き出す細長いデザインが採用されており、使用する上で注意が必要だ。

Macは購入時に同梱されているケーブルでも問題ないが、持ち運び用に別途購入するのであれば、「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」がおすすめ。最大100Wの出力に対応しており、絡まりづらく使い勝手が良い。

同様に、手元にUSB-C to Lightningケーブルがなければ、Ankerから出ている絡まりづらいシリコン素材を使用した「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル」がおすすめだ。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用USB充電器」新着記事
トレンド検索