次期iPhoneのバッテリー容量は大幅に増える可能性

過去にMing-Chi Kuo氏が予想した情報と完全に一致、「iPhone XR」もわずかに増加する可能性

Macotakara iPhone11 Mockups with case 06

2019年のiPhoneは現行モデルよりもさらに電池持ちが良くなるかもしれない。IT之家によると、iPhone XS Max」の後継モデルは約15%、「iPhone XS」の後継モデルは20〜25%もバッテリー容量が増えると指摘している。

iPhone XS Max」の電池容量は3,174mAhとなっているが、次期モデルは3,650mAhになり、「iPhone XS」は2,658mAhとなっているが、次期モデルは3,189〜3,322mAhになるとのこと。

電池容量増によってどれほど電池持ちが伸びるのかは分かっていないが、ディスプレイサイズや解像度などは大きく変わらないため、僅かな厚みや本体内部の省スペース化によって実現すると見られている。

過去の情報によれば、「iPhone XS」の後継モデルは0.15mm、「iPhone XS Max」の後継モデルは0.4mm分厚くなると言われている。

電池容量を増やす理由として、2019年のiPhoneは双方向ワイヤレス充電に対応すると噂されていることから、他のデバイスに電池を供給可能にすることが1つの目的と見られている。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏は今年4月、次期5.8インチモデルは20〜25%増、次期6.5インチモデルは10〜15%増になると予想。今回報じられている情報と完全に一致している。

また、「iPhone XR」の後継モデルも電池増量も増えると見られている。2,942mAhから3,110mAhになり5%増(+168mAh)に留まると見られる。すでにiPhone史上最も長い電池持ちを実現していることから、さらなる連続駆動時間が期待できそうだ。

(via 気になる、記になる…

ストーリータイムライン
「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索