次期iPhoneはApple Watchをワイヤレス充電可能に?!18W USB-C電源アダプタが同梱される可能性も

Charging AppleWatch with iPhone 01

2019年後半に登場すると予想されている次期iPhoneが、他のデバイスをワイヤレス充電できる機能に対応すると伝えていたのはMing-Chi Kuo氏。他にもすべてのモデルがすりガラスのケースを採用し、電池容量が増加すると伝えていた。

他のデバイスをワイヤレス充電できる技術として、Macお宝鑑定団Blogが中国サプライヤーから入手した情報として、Samsungの「Galaxy S10」シリーズに搭載されている「Wireless PowerShare」に対応し、Apple WatchがiPhoneで充電可能になると伝えている。

18W USB-C電源アダプタが同梱される可能性

「Galaxy S10」は端末本体の上にワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」やスマートウォッチ「Galaxy Watch Active」を載せると充電できる機能に対応している。

AppleもApple Watchだけではなく、新しく発売された「AirPods」が充電可能になる可能性があると指摘している。

また、「iPad Pro 2018」がUSB-Cポートを搭載したことによって次期iPhoneのUSB-Cポート搭載にも期待が高まっているが、Macお宝鑑定団Blogによると2019年のiPhoneはやはり引き続きLightningポートが採用される見通し。

ただし、同梱されるケーブルは「USB-C – Lightningケーブル」に変わり、同梱される電源アダプタは「18W USB-C電源アダプタ」に変わる可能性が出てきているという。

18W USB Lightning iPhoneX 01

これが実現すればiPhone発売以来、初めて充電ケーブルと電源アダプタが刷新されることになり、本体購入と同時に急速充電が利用可能になる。

以前、端末コストやケーブルビジネス、ワイヤレス充電を理由としてAppleは引き続きLightningポートを採用すると説明されていたが、「USB-C – Lightningケーブル」によりLightningの資産を活かすことができると説明している。

ただし、 急速充電が可能になる付属品を用意することにより、7.5W高速ワイヤレス充電との差別化が難しくなる。将来的にはワイヤレス充電の出力を引き上げるのか、気になるところだ。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索