学生みんなが特待生。

「iPhone 6s」用バックパネルの強度をテストする動画が公開

Iphone6s back plate

iPhone 6 Plus」が発売後、簡単に手で折り曲げられることが判明し、「Bendgate」として大きな話題となった。

次期iPhoneはボディがわずかに分厚くなり強度が向上していると噂されているが、この問題の火付け役だったUnbox TherapyiPhone 6s」のバックパネルを入手し、「iPhone 6」のバックパネルと比較した動画を公開していたので、紹介する!

iPhone 6s」は「Apple Watch Sport」と同じ素材を採用か?!

Unbox Therapyによると、次期iPhoneのバックパネルは確実に強化されているとのこと。特に強度が低かったとされる音量ボタン付近は1.14mmだった現行モデルに比べて1.90mmとなり分厚くなったことが判明。強度の向上が期待できそうだ。

他にも縦幅や横幅ならびに重さを測定していたので、以下にまとめておく。強度を向上したため本体はあずかに分厚くなっているものの、バックパネルの重さは軽くなっているようだ。

iPhone 6s iPhone 6
縦幅 138.26mm 138.09mm
横幅 67.16mm 66.91mm
重さ 25g 27g

軽くなっている理由として、以前噂されていた通り、「Apple Watch Sport」の筐体にも使用されているアルミ素材「7000シリーズアルミニウム」が使われているのではないかと指摘している。

よりタフになったが、わずかに軽くなると予想される「iPhone 6s」。動画は以下からどうぞ!

▼懐かしの「Bendgate」に関する話題もチェック!

海外で話題!折り曲がる「iPhone 6 Plus」のパロディ画像まとめ

「iPhone 6」の”本当の姿”を再現した街頭広告が話題に

「iPhone 6 Plus」が折れ曲がると話題だが、ここでMacBookをポケットに入れた結果をご覧頂きましょう


(via Cult Of Mac