「iPhone 6s」はそう簡単に折れ曲がらない!2.6倍以上の圧力に耐えられることが判明

Bendgate iPhone 6s

もう簡単に折れ曲がるなんて言わせない!「iPhone 6s」の強度は現行モデルに比べて期待できそうだ!

以前、「iPhone 6s」のバックパネルの強度をテストした動画を公開したUnbox Therapyがまた新たな実験動画を公開し、その結果、iPhone 6s」は「iPhone 6」と比較して倍以上の圧力に耐えられることが判明した!

ボディが超頑丈に!そう簡単に折れ曲がらない!

以前から次期iPhoneが「Apple Watch Sport」の筐体にも使用されているアルミ素材「7000シリーズアルミニウム」が使われているのではないかと噂されているが、今回の実験によってそれは事実となる可能性が極めて高そうだ。

強度がどれほど変わるのかを試すためにUnbox Therapyは本格的な実験機器を用意。まずは「iPhone 6」のバックパネルで実験。結果的に30ポンド(約13.61kg)の圧力で折れ曲がることが確認された。
Bendgate iPhone 6s

一方、「iPhone 6s」のバックパネルで同じ圧力を掛けてもビクともしない。全く折れ曲がる気配がないのだ。
Bendgate iPhone 6s

50ポンド(22.68kg)の圧力を掛けてもこの様。
Bendgate iPhone 6s

80ポンド(36.29kg)の圧力を掛けてようやく本体がビキビキと折れ始める音が聞こえた。あくまでもバックパネルだけの比較ではあるが、iPhone 6」に比べて「iPhone 6s」の方が2.6倍以上の強度があると言える。次期モデルはそう簡単に折れ曲がることは無いだろう。
Bendgate iPhone 6s

12分弱の長編動画となっているが、本体の強度を比較する他、実際に使われている素材に違いがあることも突き止めているのでチェックしてみるべし!