学生みんなが特待生。

「iPhone 6s/6s Plus」と思われる2つの未発表iPhoneがアクセスログで発見される!「iPhone 6c」は見当たらず

iphone5c-outsales-galaxys5-in-uk.jpg

iPhone 6s/6s Plus」以上に盛り上がりを見せている「iPhone 6c」。昨日は同時発表されるという噂が話題になっていたが、本日は早速その事実に疑いを掛けるようなニュースが舞い込んできた。

スマートフォン向けアプリプロモーションプラットフォーム「Fiksu」によると、次期iPhoneと思われる2つの未発表デバイスがアクセスログで発見されたことを明らかにしていたので、紹介する!

2つの未発表デイバイス = 「iPhone 6c」はナシ?!

発見されたのはデバイスIDとして「iphone8,1」「iphone8,2」を持つ2つのiPhone。

参考に、「iPhone 6」のデバイスIDは「iphone7,2」、「iPhone 6 Plus」のデバイスIDは「iphone7,1」。このことから、今回発見されたデバイスIDは「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のことを指しているのではないかと予想できる。

これらの端末は旅行やゲーム、ライフスタイル関連の人気アプリを使用しているところが発見されている。ほとんどのアクセスはアメリカ国内から来ているものの、一部ドイツやブラジルからもあるという。

最新情報によると、Appleは9月9日に次期iPhoneを発表する可能性が高い。例年通りのスケジュールであれば発売日は9月18日になるはず

未発表端末の人気アプリを中心に起動が確認されていることから、Appleがテストをしていると考えるのが妥当。発売約1ヶ月前時点でテストログに一切残らないようであれば、「iPhone 6c」が登場する可能性は低いかもしれない。

(via MacRumors