「iPhone 6s」、やはり分厚くなる見通し!ケースの買い替えは必須に?!

Iphone 6s thickness 【img via MacRumors

柔らかい素材のケースはどうにかなりそうだが、ハードケースなどサイズ的にピッタリのものは買い替え必須かも?!

MacRumorsによると、リークされたパーツを組み合わせた「iPhone 6s」の厚さを測定したところ、やはり現行モデルに比べて約0.2mm分厚くなっていることが明らかになった!

本体サイズは「iPhone 6」より大きくなる見通し

組み立てられた「iPhone 6s」を測定した結果、厚さは7.08mmであることが判明。「iPhone 6」の厚さは6.9mmであることから噂通り0.2mm分厚くなるようだ。このことから「iPhone 6s Plus」も7.1mmだった「iPhone 6 Plus」から同じく約0.2mm分厚くなり、約7.3mmになると思われる。

本体の厚さだけではない。縦幅と横幅も現行モデルより僅かに大きくなる模様。

Iphone 6s height width 【img via MacRumors

これらの数値をまとめると以下のようになる。参考に「iPhone 6」の寸法も載せておく。

縦幅横幅厚さ
iPhone 6s138.19mm67.68mm7.08mm
(差分)0.09mm0.68mm0.18mm
iPhone 6138.1mm67.06.9mm

これはこれまで報じられた情報と一致している。よって、「iPhone 6s」シリーズは僅かではあるが全体的に大きくなり、分厚くなると思っていて間違いなさそうだ。


薄さにこだわり続けてきたAppleが今回本体を大きくした理由としては、恐らく感圧タッチディスプレイの搭載に加え、本体の強度を強化するためだと思われる。

Bendgate問題の火付け役でもあるUnbox Therapyも入手したバックパネルを測定した結果、縦幅は138.26mm、横幅は67.16mmであったことを報告している。


本日、9To5Macからの情報として次期iPhoneは「Apple Watch Sport」に使われている「7000シリーズアルミニウム」が本体の素材として採用されると報じている。他にもストレージ容量は昨年と同じ16GB・64GB・128GBの3モデル展開となり、価格は据え置きであることが判明。

9月9日のスペシャルイベントでは「iPhone 6s」シリーズと新型「Apple TV」が発表されると予想されていたが、ここに来て「iPad Pro」が当日披露される可能性が浮上してきた。来週のイベントは盛り沢山になりそうな予感!

「iPhone 6s」は16GB・64GB・128GBの3モデル展開、価格は据え置き


「iPhone 6s/6s Plus」、発表イベント終了直後に予約開始か?!16日以降、順次出荷開始される?!


「iPad Pro」と新型「iPad mini」も9月9日に発表か?!


(via MacRumors

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!