「iPhone 6s/6s Plus」、発表イベント終了直後に予約開始か?!16日以降、順次出荷開始される?!

iPhone 6
【img via omarjordanf

iPhone 6s」シリーズを購入するために、毎年恒例となっているApple Storeの前にできる長蛇の列に並ぼうと思っていた皆さん、今年は諦めた方が良いかもしれない。次期iPhoneは「Apple Watch」の時と同様に店頭販売が行われない可能性がありそうだ。

ITproによると、Appleは現地時間9月9日(水)に開催される発表イベント終了直後に予約受付を開始し、16日(水)以降に順次出荷開始されると報じている!

「発売日」はなし!16日以降、予約者に順次出荷開始か

これまでの情報では従来通りのスケジュールとして11日(金)に予約が受付開始され、18日(金)に発売が開始されると報じられていたが、今年からは予約がスペシャルイベント終了後、即日開始されるとのこと。つまり、Apple公式サイトまたは各キャリアショップで事前に予約しなければ入手できない、「予約販売方式」に切り替えるそうだ。

行列に並ぶことが毎年の楽しみだという人も多いかもしれないが、現在、Appleの直営店とオンラインストアを統括するAngela Ahrendts氏の方針により、今後新型iPhone待ちの行列はなくなる可能性が高い。

最新情報をカレンダーにまとめると以下のようになる。

6 7 8 9
発表イベント
予約開始
10 11 12
13 14 15 16
iOS 9」正式リリース
出荷開始
17 18 19

この販売方針の変更により、新モデルを最短で手に入れたいという人はスペシャルイベントを夜通し見る必要があり、終了後、予約受付開始まで眠い目をこすりながら待ち続ける必要がある。Apple公式サイトが上記日程で進めた場合、恐らくキャリアも同日程になるのではないかと予想される。担当者は徹夜かな……。

他にも同記事は「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の仕様にも言及。以前、RAMが2GBになると報じられていたものの、「端末の処理性能向上はアピールし辛い状況が当面続くものと考えられる」とのことだ。

感圧タッチが実装される可能性は極めて高く、新色ローズゴールドが追加されるのはほぼ間違いないようだ。新カラーモデルが用意されるのは同期する「Apple Watch」と合わせるため。よって、MacBookシリーズやiPadシリーズにローズゴールドが追加されることは無いようだ。

また、一部から期待され続けている4インチ型「iPhone 6c」だが、やはり9To5Macが報じていた通り来月のスペシャルイベントでは発表されないものの、第1四半期に向けて何かしらのiPhoneの開発が進められている模様。

「iPhone 6s」、内向きカメラは500万画素?!自撮り写真がより綺麗に

「iPhone 6s」の新色は「ローズゴールド」、感圧タッチディスプレイ搭載

「iPhone 6s」、4K動画撮影可能な1,200万画素カメラを搭載か?!内向きカメラは擬似フラッシュ機能に対応?!


(via ITpro

FOLLOW / 最新情報を購読