「iPhone 6s」、内向きカメラは500万画素?!自撮り写真がより綺麗に

Selfie


【img via @lattefarsan

次期iPhoneの最新情報が次々と舞い込んできている。特にカメラに関する情報が多く、久しぶりの大規模

本日、M.I.C. GadgetがFoxconn工場からの情報として、内向き(FaceTime)カメラは500万画素になると報じている!

また、先日、MacRumorsが「iPhone 6」と比較した「iPhone 6s」のディスプレイパネルの高画質写真を公開していたが、今度は9To5Macが新たにiPhone 6s」のディスプレイパネルの写真を公開していたので、紹介する!

iPhone 6s」のカメラ性能はかなり期待できそう

9To5Macは既にカメラに関する様々な情報を公開している。外向き(iSight)カメラは800万画素から1,200万画素にアップグレードされ、4K動画の撮影に対応。そのため、次期iPhoneも現行モデルと変わらずレンズが突起する予定。

内向き(FaceTime)カメラは自撮り用にシャッターを切った瞬間に白画面を表示する機能が用意される他、より大型のセンサーを搭載することにより写真の画質向上が期待できそうだ。

また、M.I.C. Gadgetからの情報として、内向きカメラは120万画素から500万画素に大幅アップグレードすることが判明。9To5Macが報じていた「大型のセンサーを搭載する」という情報と一致している。次期iPhoneは自撮りのクオリティが期待できそうだ!

現状「iPhone 6s」のカメラに関して分かっている情報をまとめた表が以下。

iSightカメラ
(外向き)
FaceTimeカメラ
(内向き)
1,200万画素 500万画素
4K動画撮影 720p スローモーション動画撮影
パノラマ写真撮影
擬似的なフラッシュ機能

また、今回公開されているディスプレイパネルにある謎のパーツはやはり感圧タッチ用である可能性が高いとのこと。以前、9To5Macは「iPhone 6s」で利用できる感圧タッチの機能について紹介していた。

IPhone 6s FaceTime 9to5
【img via 9To5Mac

入手したパーツを比較した動画も公開されていたので、参考にどうぞ!

周りを撮るのにも、自分を撮るのにも最高の写真が撮れるカメラ。現行モデルとの違いが体感できるか、楽しみだ!

「iPhone 6s」の新色は「ローズゴールド」、感圧タッチディスプレイ搭載

4インチ型「iPhone 6c」、スペシャルイベントでは発表されない見通し、「iPhone 5c」は販売終了へ

「iPhone 6s」、LTEの通信速度が約2倍も高速化?!電池持ち改善に期待


(via M.I.C. Gadget9To5Mac