「iPhone 6s」、内向きカメラはやはり500万画素に?!

FaceTime Camera

自撮りするにあたって欠かせないのは内向きカメラ。先日大型のセンサーを搭載すると報じられていたが、やはり次期iPhoneの内向きカメラは現行モデルから大幅なパフォーマンスの改善が期待できそうだ!

KGI Securitiesによると、iPhone 6s」シリーズの内向き(FaceTime)は500万画素にアップグレードされると報じている!

外向きカメラのレンズカバーにはサファイアガラスは採用されず?!

iPhoneは新しくなる度にカメラ性能が向上しているが、「iPhone 6s」のカメラはこれまでにないほど大幅な性能の向上が期待できそうだ!

内向きカメラは自撮り用にシャッターを切った瞬間に白画面を表示する機能が用意される他、より大型のセンサーを搭載すると報じられていた。M.I.C. Gadgetからの情報として、内向きカメラは120万画素から500万画素に大幅アップグレードすると報じられていたが、今回、KGIの情報はこれと一致していることから、やはり内向きカメラは500万画素になる可能性が高そうだ。

他にも内向きカメラは720pのスローモーション動画撮影やパノラマ写真撮影に対応すると言われている。

一方、1,200万画素のカメラにアップグレードされ、4K動画が撮影可能になると言われている外向き(iSight)カメラのレンズカバーはサファイアガラスが採用されていない可能性があるとのこと。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のレンズカバーにはサファイアガラスが採用されている。

情報元は「iPhone 6s」について現行モデルと同じく16GB・64GB・128GBという3つのモデルが用意され感圧タッチディスプレイを搭載し「ローズゴールド」モデルが追加されると予想している。

「iPhone 6s」は16GB・64GB・128GBの3モデル展開、価格は据え置き

「iPhone 6s/6s Plus」、発表イベント終了直後に予約開始か?!16日以降、順次出荷開始される?!

「iPhone 6s」の新色は「ローズゴールド」、感圧タッチディスプレイ搭載



(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読