学生みんなが特待生。

「iPhone 6s」、4K動画撮影可能な1,200万画素カメラを搭載か?!内向きカメラは擬似フラッシュ機能に対応?!

iphone-camera-lens.jpg

iPhoneの内向きカメラで頻繁にセルフィを撮る人は「iPhone 6s」を買う理由が1つできたかもしれない!

9To5Macによると、iPhone 6s」は外向き(iSight)カメラは4K動画撮影可能な1,200万画素カメラにアップグレードされ、内向き(FaceTime)カメラは擬似フラッシュ機能が用意されると報じている!

歓喜!iSightカメラ、4年ぶりの大幅アップグレード

2011年に「iPhone 4s」が発表されて以来、AppleはiPhoneのiSightカメラに800万画素カメラを搭載し続けてきた。「iPhone 6s」ではようやく画素数が実に4年ぶりに向上し、1,200万画素のカメラになるそうだ。搭載される「A9」のお陰で画質が劣化することもなく、クオリティを保つことができるとのこと。

改善されるのは静止画だけではない。「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」はiPhoneシリーズで初めて4K動画の撮影に対応する。以前、既に新しいCMを撮影していると報じられていたことから、「iPhone 6s」のイチオシ機能として発表イベント当日、披露される可能性が高い。

参考に「Galaxy S5」で撮影された4K動画を載せておく。4Kディスプレイで見ていることもあり、物凄く綺麗だ。

撮影時に白い画面を表示する「擬似的なフラッシュ」

今回性能が向上するのはiSightカメラだけではない。FaceTimeカメラも大幅にパフォーマンスが向上するとのことで、より高性能なセンサーを搭載するだけではなく、擬似的なフラッシュ機能が提供されると伝えられている。

「擬似的なフラッシュ機能」とはどういうことか。一部では内向きカメラ用LEDフラッシュが搭載されると噂されていたが、情報元によるとAppleはハードウェアで解決するのではなく、FaceTimeカメラでシャッターを切った瞬間に白い画面を表示させる仕組みが提供される模様。

他にもFaceTimeカメラを利用した720pのスローモーション動画撮影とパノラマ写真の撮影に対応する見通し。

(via 9To5Mac