「iPhone 6s」、やはり1,200万画素カメラを搭載か?!

Iphone camera lens

毎年iPhoneが新しくなる度にカメラの性能は向上しているが、今年発表予定の次期iPhoneも例に漏れず現行モデルより良いカメラを搭載することが期待できそうだ!

Business Insiderによると、AppleはiPhone 6s」用に1,200万画素のセンサーを前提とした5枚構成のレンズをサプライヤーに発注したと報じている!

iPhone 7」は6枚構成のレンズを搭載か?!

これまで「iPhone 6s」が4K動画撮影に対応した1,200万画素カメラを搭載するという噂はあったものの、それ以後そのことを裏付けるような情報は出てきていなかった。

現在、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」に搭載されているカメラはf値2.2の800万画素レンズ。構成は同じく5枚となっているが、「iPhone 6s」では800万画素から1,200万画素になるという。既に量産の最終段階にあるようで、予定通り進められているとのこと。

情報元によると、Appleは「iPhone 6s」用だけではなく、来年用のモデルに搭載するレンズも発注済みであるとのこと。来年は5枚構成から6枚構成になる見通し。

「iPhone 6s」シリーズに搭載されるセンサーはより高感度で暗所における撮影も強化される模様。個人的に気になるのは「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」に光学式手ぶれ補正の有無という違いがあったように、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」にも何か差別化を図るのかどうか。今年は4.7インチサイズにしようか迷っていたのだが、カメラの性能に差がありそうであれば5.5インチのままにせざるを得ないかもしれない。

そしてカメラのアップグレード、となると外向き(iSight)カメラが注目されがちではあるが、今年発売されるモデルはセルフィ需要に応えるため、内向き(FaceTime)カメラもアップグレードされる可能性は高い。500万画素でより広角なレンズを搭載するだけでも変わるのだが……!

次期iPhoneの内向きカメラはフラッシュ搭載?!1080p動画やパノラマ写真に対応か?!

「iPhone 6s」はそう簡単に折れ曲がらない!2.6倍以上の圧力に耐えられることが判明

「iPhone 6s」、最小ストレージ容量モデルは32GBに?!


(via 気になる、記になる…

FOLLOW / 最新情報を購読