中国で偽物のApple Storeが乱立へ!販売するiPhoneはもちろんフェイク

Fake Apple Store

【img via BirdAbroad

白いAppleロゴが描かれた青いTシャツ。一見、Appleの直営店勤務の店員に見えるかもしれないが、彼はAppleの社員名簿には登録されていない。なぜなら彼が勤務しているApple Storeは偽物だからだ。

Reutersによると、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の発売開始に向けて中国では偽物のApple Storeが乱立していると報じている!

iPhone 6s」発売開始に備え30店舗以上が誕生

本来、中国深セン市にはApple公式の直営店は「Shenzhen, Holiday Plaza Shenzhen」の1店舗のみ、Apple Premium Resellerも5店舗しかない。ところが現在、同市にはApple Storeを謳う店舗は30店以上もあるとのこと。

偽物のApple Storeが標準を合わせているのは明日9月25日に発売が開始される「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」。当然、偽店舗で販売されているiPhoneはパッケージデザインを含めてAppleを巧妙に模倣しているものの、全てフェイク。見た目の模倣度は本物に限りなく近いが、実際に動作するソフトウェアは非常に遅く、iOSとは比べ物にならない。

Fake Apple Store

いくら本来の価格の10分の1(約91ドル)で手に入るとは言え、「iPhone 6s」ではない「iPhone 6s」を手に入れることに何の意味があるのだろうか。「iPhoneの最新モデルを持っている」というステータスを得ることが目的だとした場合、逆に91ドルは高すぎるような気がしてならない。

Fake Apple Store

なお、直営店やリセラーは日本同様に予約限定販売となっている。とても興味深いのは偽店舗もなぜか予約を受付けているそうだ。偽物の「iPhone 6s」は既に販売しているようだが、一体何を予約させるのだろうか。あまりにも謎だ。

偽物のApple Storeに潜入した動画も発見したので、興味がある人はどうぞご覧あれ!

国内・海外メディアによる「iPhone 6s/6s Plus」のレビュー記事まとめ

発売前に「iPhone 6s」のローズゴールドモデルを受け取った人が話題

「iPhone 6s」に対応!手帳型以外のICカード収納可能ケースまとめ



(via AppleInsider