Apple、iPhoneの画面保護フィルム貼りサービスを直営店で提供へ

broken-iphone6s.jpg
Appleも「iPhoneが割れてしまうのは仕方ない」「事前に割れないようにサポートしよう」という考え方に変わったのだろうか。

9To5Macによると、Appleは新たにプラスチック製ディスプレイ保護フィルムの貼り付けサービスをアメリカの一部店舗にて提供開始すると報じている!

画面が割れたデバイスでも下取りサービスの対象に

電車に乗っているとたまに気砲だらけの画面保護フィルムをiPhoneに貼っている人を見かけるが、とにかくいたたまれない気持ちになる。肌が大荒れだった高校生時代の僕も驚くほど画面が気砲だらけで見づらいのはいかがなものかと思う。

情報元によるとAppleは少なくとも画面保護フィルムを提供しているメーカーBelkinと提携し、直営店の裏に画面保護フィルムを貼り付けるための専用マシーンを用意するとのこと。Apple Storeに導入が予定されている機械を使用して保護フィルムを貼り付けている様子が下記動画に映っているので参考にどうぞ。



さらに、Appleはアメリカで提供している下取りサービスApple Recycling Program」の下取り対象端末に画面が割れたデバイスも含める方針であることも明らかになった。これまではディスプレイが割れていないことはもちろんのこと、ボタンやカメラなどが壊れている端末も下取り対象にはならなかった。

なぜこのタイミングなのかは分からないが、個人的には「iPhone 5se」の発売に向けて古くボロボロになった「iPhone 5s」を下取りに出して最新モデルへの買い替えを促す、という思惑があるのではないかと予想している。

iPhoneを使い続けてもらうためにも、最新モデルが出たら買い換えてもらうために、Appleにとってユーザーが引き続きiPhoneユーザーで居続けてくれるためのサービスであるようにも思える。

iPhoneを守るケースや保護フィルムもチェック

上記で紹介した新サービスはいずれ日本でも提供が開始されると期待しているが、少なくとも今手元にある端末を長く使いたいという人にとってオススメのケースや保護フィルムを載せておく。

まず、保護フィルムは「REAL SHIELD」が素晴らしい。先日、手を滑らせてコンクリートに落としてしまったのだが、ほんの僅かな小さい割れ目ができただけで済んだ。ワンタッチ貼付専用カバーもあるので気砲ができる心配もない。

【レビュー】「REAL SHIELD」は「iPhone 6s Plus」を全面カバーする保護ガラス!高級感溢れるが端が浮いている



続いてケースに関しては「Spigen Neo Hybrid」と「AndMesh Mesh Case」がオススメ。どちらもしっかりと本体を保護してくれるだけではなく、見た目も格好良いのが特徴。持ち心地も良く、グリップ感があるので手をすべらせるリスクも軽減できる。

【レビュー】「iPhone 6s」に対応!「Spigen Neo Hybrid」ケースは保護力抜群!付けると最高、付けるまでが大変


【レビュー】「AndMesh Mesh Case」は「iPhone 6s」でも使える、触り心地抜群のメッシュケース



参考にどうぞ!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!