学生みんなが特待生。

次期iPhoneは3モデル構成で容量は「32/128/256GB」という怪しい噂、上位モデルが法外に高い

Iphone7 7plus 7pro concept

次期iPhoneはヘッドホン端子が廃止される他、感圧タッチ式のホームボタンを採用し、「フォーマルブラック」という新色が追加されると噂されている。

昨年通りであれば4.7インチモデルと5.5インチモデルのみが登場すると予想されているが、一部ではPlusに加えてProモデルが登場し3モデル構成になるという謎の噂も浮上している。

WeChat次期iPhoneとその価格表が取り上げられていたが、「こうならないで欲しい」という思いを込めつつ紹介する。

iPhone 7 Pro」の256GB、まさかの14万円オーバー

情報元によると、「iPhone 7」シリーズは「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone 7 Pro」という3モデル展開になり、ストレージ容量も16GBモデルが廃止され32GB・128GB・256GBという豪華すぎる構成に。元でそれぞれの価格情報が取り上げられていたので、現在の為替レートで日本円に換算した価格を載せておく。

iPhone 7
容量 価格(元) 価格(円)
32GB 5288元 約83,000円
128GB 6088元 約96,000円
256GB 7088元 約112,000円
iPhone 7 Plus
容量 価格(元) 価格(円)
32GB 6088元 約96,000円
128GB 6888元 約108,000円
256GB 7888元 約124,000円
iPhone 7 Pro
容量 価格(元) 価格(円)
32GB 7088元 約112,000円
128GB 7888元 約124,000円
256GB 8888元 約140,000円

実在するかも怪しい「iPhone 7 Pro」の256GBモデルはなんと14万円オーバー。ハッキリ言ってMac整備済製品の方が安いモデルも多数ある。

以前、256GBモデルの登場はほぼ確実と報じられていたが、直近の噂では登場しないと伝えられている。16GBもなくなり64GBもなくなるのはどう考えても怪しい。

よって今回の情報は話半分で捉えた方が良いかもしれない。さすがにこのような法外な価格設定にならないことを祈る。

(via 9To5Mac