「iPhone 8/8 Plus」のサイズが明らかに?!「iPhone 7/7 Plus」よりわずかに大きく

Iphone 7s plus mockup

iPhone 7/7 Plus」の後継モデルにあたるiPhone 8/8 Plus」の正確な筐体サイズが明らかになった。これはTechnoBuffaloが信頼できる情報元から入手した情報によるもので、現行モデルと比較して僅かに大きくなっている。

iPhone 7 138.3 x 67.1 x 7.1mm
iPhone 8 138.44 x 67.26 x 7.21mm
iPhone 7 Plus 158.2 x 77.9 x 7.3mm
iPhone 8 Plus 158.37 x 78.10 x 7.41mm

過去に報じられた「iPhone 8/8 Plus」の図面と一致

これは、今年6月にBenjamin Geskin氏が投稿していた「iPhone 8 Plus」の寸法と実質的に完全に一致。厚みは明らかになっていなかったものの、158.38mm x 78.1mmになると描かれた図面をツイートしていた。

また、「iPhone 8」の寸法は8月16日にGIGAが報じていた内容とも完全に一致。これらのことから報じられた筐体サイズは正しい可能性が高い

サイズが変わる理由は筐体に使用されている素材の変更。2017年発表のiPhoneは全モデルワイヤレス充電に対応する関係で、バックパネルがガラス製になる見通し。

iPhoneユーザーにとってワイヤレス充電は待望の機能だが、「Qi」を採用しているのにも関わらず、「iPhone 8」シリーズのワイヤレス充電はApple限定される可能性が高く、「Apple Watch」用充電アクセサリで反映されている通り、目を疑うような価格設定になる可能性は高い。

「iPhone 8」の発表イベントは現地時間9月12日の開催が濃厚となっている。

あわせて読みたい