iPhoneで最近閉じた・消したタブを再表示させる方法

iPhoneでブラウジングしていると勢い余ってタブを消してしまったことはないだろうか。タブ一覧画面で左方向にスワイプするとタブを消すことができるので、まだ見ていたタブでも意図せずに閉じてしまうことがある。

実はiPhoneで最近閉じた・消してしまったタブを簡単に再表示させるさせる方法があるので、紹介する!

タブ一覧で「+」を長押しで「最近閉じたタブ」を表示

使い方は非常に簡単。新規タブを追加するボタンをタップしてタブ一覧を表示し、画面下部にあるタブを新規で開くボタン(「+」ボタン)を長押しするだけ。

すると「最近閉じたタブ」という画面が表示され、誤って閉じてしまったタブも復活させることができる。
Undoing Deleted Tabs on iPhone and iPad 04

ちなみに開いているタブをすべて削除したい場合は、新規タブを追加するボタンを長押しすることによって「新規タブ」「このタブを閉じる」「新規プライベートタブ」「新規タブ」にに加えて「すべての◯◯個のタブを閉じる」というメニューが表示されるので、それをタップ。

ちなみに僕は記事執筆時点で154個のタブがあった。ありすぎ!

あわせて読みたい