新型Macを3種類、2018年中に発表かーーApple独自のコプロセッサを搭載

MacBook Pro」には「T1」コプロセッサが、「iMac Pro」には「T2」コプロセッサが搭載されているが、2018年に登場する新型MacはいずれもApple独自のコプロセッサを搭載するBloomberg Technologyが報じている。

少なくとも3種類のMacが登場するとされ、関係者によるとアップデートされたラップトップ新しいデスクトップが発表されると伝えている。

新しいiPadも年末に登場か

直近のMacニュースとしては、Digitimesが先々週、「MacBook Pro」はメジャーアップデートの予定がないと報じ、工商時報は先週、「MacBook」の13インチモデルが今年後半に登場すると伝えていた。

アップデートされたラップトップは「MacBook」か「MacBook Pro」のいずれかまたは両方を指していると考えられるが、デスクトップ型をに着手しているということは、以前から開発に着手しているとApple自ら公言していたモジュラー設計の「Mac Pro」のことを指しているのかもしれない。

また、新しいiPadも年末にリリースされると伝えている。具体的な仕様や時期などについては明らかになっていないが、AppleがデザインしたグラフィックエンジンとAIチップを搭載するとのこと。

あわせて読みたい