「MacBook」の13インチモデル、2018年後半に登場か

MacBook」の13インチモデルが2018年後半に登場する可能性がある。

これは、GIS(General Interface Solution Holding Limited)が同モデルのパネルモジュールを受注したと工商時報が報じていることから明らかになった。

ついに13インチ型「MacBook Air」の終焉か

これまで12インチモデルのみ提供されていた「MaBook」に13インチモデルが加わることによって、「MacBook Pro」ほどのスペックや性能は必要ではないにしても、もう少し大きい画面が欲しい、というニーズに応えることができる。

また、現在もかろうじて販売が継続されているMacBook Air」の13インチモデルに代わる存在になると考えられる。唯一Retinaディスプレイを搭載せず、バタフライキーボードを採用せず、小さいトラックパッドのままなので、いずれ廃止される可能性は高かった。

現行機種である2017年モデルはRAMが16GBまで搭載可能になり、ノート型Macの中ではエントリーモデルという位置付けでありながら十分な性能を発揮できるようになった。

ただし、ポート数は非常に限られる。ベースモデルでも「Thunderbolt 3」ポートが2つ搭載されている「MacBook Pro」と異なり、MacBook」はUSB-Cポートがたった1つ。これは恐らく13インチモデルでも同じ仕様になると思われる。

幸いにもUSB-Cドックなどを活用すれば「MacBook Air」とおおよそ同じポートを復活させることができる。小さいので持ち運びに苦労しない。

12インチモデルしかなかった「MacBook」に13インチモデルが加わることに関しては、決して不思議なことではない。「MacBook Pro」にも13インチモデルと15インチモデルが用意され、「iPad Pro」にも10.5インチモデルと12.9インチモデルが用意されている。

ただ、気になるのは新モデルのスペック。15インチモデルは画面サイズだけではなくスペックも高く、よりハイエンドモデルとして位置付けられている。一方、「iPad Pro」では10.5インチモデルと12.9インチモデルでは内部仕様の違いはない。

今回報じられている「MacBook」の13インチモデルは12インチモデルよりもハイエンド機種として位置付けられるのだろうか。


(via Macお宝鑑定団Blog

もっと読むMacBookまとめ
あわせて読みたい